2024年04月20日

大幸薬品&デンソー共同開発「車両用クレベリン」に景表法措置命令。子会社、ディーラー含む10社一斉処分(消費者庁 2024年3月19日)

空間除菌関連表示に関する景品表示法措置命令が多数出されてきましたが、今回は商品ではなく、役務(サービス)に対する処分です。

3月19日、消費者庁は、自動車部品の製造・販売事業者(株)デンソーとその子会社、及びトヨタ系列やマツダ系列のカーディーラー8社の合計10社が提供する「車両用クレベリン」と称する役務(サービス)の空間除菌効果表示について、不実証広告規制による優良誤認の措置命令を公表しました。

「車両用クレベリン」とは、車内空間の除菌・消臭施工サービスで、二酸化塩素を発生させる専用機器に専用カートリッジを差し込み、車室内に二酸化塩素を噴霧するものです。
室内空間同様、車内空間においても閉鎖空間での試験方法による継続的な空間除菌効果は認められませんでした。

サービスに用いられていた二酸化塩素発生器は、「クレベリン」シリーズの製造販売元である大幸薬品とデンソーが共同で開発したもの。
大幸薬品は2022年1月と4月にクレベリンシリーズ商品6商品に対して措置命令を受けていました。

処分の概要と、空間除菌関連商品の菌・ウイルス除去効果の合理的根拠について確認します。


【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
・大幸薬品&デンソー共同開発「車両用クレベリン」に景表法措置命令。子会社、ディーラー含む10社一斉処分(消費者庁 2024年3月19日)

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月13日

2度目の糖質カット炊飯器の景表法措置命令。違反事業者4社中1社が国センの商品テスト銘柄 (消費者庁 2024年2月8日)

糖質カット炊飯器に重ねての景品表示法の処分です。

2月8日、消費者庁は、糖質カット炊飯器の販売事業者4社に対し、商品の糖質カット炊飯機能表示について、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行ったと公表しました。
不実証広告規制を用いた処分となっており、4社が提出した根拠資料は、「通常の炊飯機能で炊飯した米飯と同様の炊き上がり」での大幅な糖質低減率が得られることの合理的根拠としては認められませんでした。
糖質カット炊飯機能表示については、2023年10月に、別の販売事業者4社に対して同様の内容で措置命令が、消費者庁よりだされています。

なお、今回処分を受けたAINXは、2023年3月に国民生活センターが実施した糖質カット炊飯器の商品テストにおいて、景品表示法上問題となるおそれがあると指摘されていた銘柄でした。
処分の概要と、違反認定のポイント、国民生活センターの商品テストとの関連性について確認します。


【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
・2度目の糖質カット炊飯器の景表法措置命令。違反事業者4社中1社が国センの商品テスト銘柄 (消費者庁 2024年2月8日)

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月30日

2023年度「定期購入」トラブル、特商法改正後も減少せず。法改正後の処分件数、2件に留まる

詐欺的な定期購入商法対策を目的とした、通販定期購入契約での「最終確認画面」の義務表示事項を定めた特定商取引法改正ですが、残念なことに、改正法施行後も通信販売での「定期購入」に関する消費者相談件数は増加し続けています。

全国の消費生活センター等に寄せられた通信販売での「定期購入」に関する相談件数は、2021年度が約5万9,000件、2022年度が約9万8,000件と増加しています。2023年度(5万4,627件)も前年同期(5万2,674件)と同水準となっており、法改正による抑止効果は認められません。

通販「定期購入」に関する最新の消費者相談状況と法規制動向を確認しましょう。


【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
・2023年度「定期購入」トラブル、特商法改正後も減少せず。法改正後の処分件数、2件に留まる

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする