2021年05月27日

宮本製作所、マグネシウム洗濯用品の洗浄・除菌効果表示に景表法措置命令。新パッケージ公表にみる不実証広告規制対応

消費者庁は4月27日、マグネシウムを使用した洗濯用品、入浴用品、寝具等の販売業者(株)宮本製作所(茨城県古河市)に対し、洗濯補助用品の洗浄・除菌効果の表示について、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行いました。

本件ではパッケージや自社ウェブサイトでの、洗濯用洗剤と同程度の洗浄効果、部屋干し臭の発生防止効果、99パーセント以上の菌の抑制効果が得られるかのような表示が問題となっています。

今回の違反も不実証広告規制(※)を用いた処分となっており、表示の裏付けとなる「合理的な根拠」が認められませんでした。なお、「特定の菌に限る」、「泥汚れやファンデーション、機械油などの汚れは別途洗剤を使って部分洗いをお願いします。」と打消し表示をしていましたが、打消し効果は認められませんでした。

宮本製作所は商品の実証実験に基づく効果と商品の新パッケージを公表しており、改善内容が良くわかります。

違反概要と、措置命令に対する同社の説明と対応について確認します。
続きを読む
posted by Fides at 10:29| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

亜塩素酸による空間除菌スプレー2社に景表法措置命令。根拠認められずも取消訴訟へ

消費者庁は4月9日、除菌スプレーの製造・販売2事業者に対し、商品に含有される亜塩素酸による空間除菌効果の表示について、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行いました。

措置命令を受けたのは、レック(株)(東京都中央区)、三慶(株)(大阪市中央区)の2社。
亜塩素酸含有空間除菌スプレーに対する措置命令は、3月に(株)IGC、アデュー(株)、(株)ANOTHER SKYの3社に出されています。

本件では、レックは自社ウェブサイトと動画広告で、三慶は、自社ウェブサイトで、リビング等の室内空間に浮遊するウイルス又は菌を除菌する効果が得られるかのような表示していました。

今回の違反もいずれも不実証広告規制(※)を用いた処分となっており、表示の裏付けとなる「合理的な根拠」が認められませんでした。また、レックは「すべてのウイルス・菌を除去できるわけではない」旨の打消し表示をしていましたが、打消し効果が認められませんでした。

なお、レックと三慶では、措置命令に対する対応が異なっており、消費者庁はレックにのみ、消費者に対する誤認排除措置を命じています。

違反概要と、措置命令に対する2社の対応について確認します。

続きを読む
posted by Fides at 09:34| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

コロナ禍前よりネット購入が減った人は2%。購入が増えた人でも6割以上が商品の現物確認ができないことに不安(消費者庁 令和3年3月物価モニター調査)

新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式の下、ネット購入が拡大しています。
総務省「家計のネットショッピングの実態把握」調査によると、2021年3月のネットショッピングの支出額は18,651円で、前年同月比39.1%増となり、調査開始以来最高の伸び率となりました。

・調査開始以来最高伸び率、前年同月比39.1%増。2021年3月のネットショッピング支出額18,651円(総務省家計調査 2021年3月)
https://blog.fides-cd.co.jp/article/481556323.html

令和3年3月の物価モニター調査では、コロナ禍でのインターネットでの購入機会の変化や、ネットでの買物に関する意識を聴取しています。

昨年初頭の新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と比べて、ネットでの買物の機会が減った人は2%に留まり、増えた人の割合は45%を占めました。
また、驚くことに、積極的にネット購入している人においても、6割以上が商品の現物を確認できないこと、約4割が個人情報、決済情報の記入・登録に不安を感じ、3割以上が商品の説明情報が不十分であると感じていました。

ネット購入に対する消費者意識を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 11:46| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする