2022年01月12日

大木製薬とCLO2 Lab「空間除菌製品」の除菌効果表示に景表法措置命令。打消し表示に効果なし (消費者庁 2021年12月17日)

二酸化塩素の作用により『部屋に置いたり首にかけたりするだけで「空間除菌できる」』とうたった商品に対する景品表示法の措置命令です。
今回の違反も優良誤認で、不実証広告規制を用いた処分となっており、表示の裏付けとなる「合理的な根拠」が認められませんでした。
処分の概要と2社の対応、根拠資料の内容と消費者庁の「合理的な根拠」の見解について、2回に分けて取り上げます。
まずは、処分内容と2社の対応を確認します。

【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
大木製薬とCLO2 Lab「空間除菌製品」の除菌効果表示に景表法措置命令。打消し表示に効果なし
(消費者庁 2021年12月17日)


posted by Fides at 00:00| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

菊池商事とプレイズ、ガソリンスタンド看板の税込と誤認させる表示に景表法措置命令 (消費者庁 2021年12月16日)

今回の措置命令事案は、看板表示のわかりにくい税抜き価格表示に対する有利誤認表示です。

消費者庁は12月16日に、福岡県の石油製品販売会社(有)菊池商事(糸島市)と(株)プレイズ(福岡市)のガソリンスタンドの看板のガソリン等の価格表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。
消費者庁及び公正取引委員会事務総局九州事務所の調査による事案です。

2社は共にガソリンや軽油の価格を消費税抜きで表示しており、「税別」の表示はありましたが文字が小さいため、表示価格が税込み価格という認識を打ち消すものとは認められず、有利誤認表示とみなされました。
わかりにくい税抜き価格表示に対する措置命令は初めてとなります。

処分の概要と、消費税法の「総額表示」ルール、打消し表示についての景品表示法上留意すべきポイントを確認してみましょう。

【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
菊池商事とプレイズ、ガソリンスタンド看板の税込と誤認させる表示に景表法措置命令 (消費者庁 2021年12月16日)

posted by Fides at 19:36| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

令和2年度ネット広告(年間24,000件)監視 257通販事業者に改善指導!(東京都)

東京都は、8月10日、令和2年度実施したインターネット広告監視の結果を公表しました。(※1)
景品表示法に違反するおそれのある不当表示の修正・削除等を、通販事業者に対し改善指導等を行っています。
この監視は平成21年度から実施されており、インターネット通販サイトの広告・表示について年間を通し継続的に調査しています。

インターネット通信販売に関する令和2年度の都内の消費生活相談は、前年度に比べると26%増加して過去最高となっていますが、指導件数、指導事業者数は、ともに大幅に減少しています。


続きを読む
posted by Fides at 08:58| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする