2021年07月15日

2021年5月のネットショッピング支出額17,275円、前年同月比8.8%増。伸び率鈍化、利用世帯割合の横ばい続く(総務省家計調査 2021年5月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2021年(令和3年)5月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2021年5月のネットショッピングの支出額は17, 275円で、前年同月比8.8%増となりました。前月3月は同比39.1%、4月は22.3%と増加率の鈍化が見られます。

ネットショッピング利用世帯の支出額については33,144円で、前年同月比は5.3%増となっています。

ネットショッピングの利用世帯の割合は52.1%で、今年に入って横ばい傾向が続いています。前年同月比では1.6ポイント増にとどまりました。

品目別では、コロナ禍において好調だった書籍や家電が前年同月比マイナスとなり、代わって今年2月までマイナスが続いていたチケットが585%、旅行が240%の大幅なプラスとなっています。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 13:12| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

2021年4月のネットショッピング支出額17,876円、前年同月比22.3%増。旅行とチケットが200%超のプラス(総務省家計調査 2021年4月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2021年(令和3年)4月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2021年4月のネットショッピングの支出額は17,876円で、前年同月比22.3%増となりました。前月3月は同比39.1%と突出した伸びを見せましたが、2月並みの伸び率に戻りました。

ネットショッピング利用世帯の支出額については34,146円で、前年同月比は10.5%増となり、3月に引き続きプラス幅は2桁%となりました。

ネットショッピングの利用世帯の割合は52.4%で、今年に入って横ばい傾向です。ネットショッピング利用率の高まりを見せ始めた昨年4月との差は5.1ポイント増で、プラス幅が縮小してきました。

品目別では、コロナ禍において好調だった医薬品や家電が前年同月比マイナスとなり、代わって今年2月までマイナスが続いていた旅行とチケットが200%超のプラスとなっています。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 16:19| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

コロナ禍前よりネット購入が減った人は2%。購入が増えた人でも6割以上が商品の現物確認ができないことに不安(消費者庁 令和3年3月物価モニター調査)

新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式の下、ネット購入が拡大しています。
総務省「家計のネットショッピングの実態把握」調査によると、2021年3月のネットショッピングの支出額は18,651円で、前年同月比39.1%増となり、調査開始以来最高の伸び率となりました。

・調査開始以来最高伸び率、前年同月比39.1%増。2021年3月のネットショッピング支出額18,651円(総務省家計調査 2021年3月)
https://blog.fides-cd.co.jp/article/481556323.html

令和3年3月の物価モニター調査では、コロナ禍でのインターネットでの購入機会の変化や、ネットでの買物に関する意識を聴取しています。

昨年初頭の新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と比べて、ネットでの買物の機会が減った人は2%に留まり、増えた人の割合は45%を占めました。
また、驚くことに、積極的にネット購入している人においても、6割以上が商品の現物を確認できないこと、約4割が個人情報、決済情報の記入・登録に不安を感じ、3割以上が商品の説明情報が不十分であると感じていました。

ネット購入に対する消費者意識を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 11:46| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする