2024年04月20日

10社一斉処分、「車両用クレベリン」の車室内「空間除菌」効果表示に景表法措置命令。違反リスクは回避できなかったのか

3月19日に公表された「車両用クレベリン」に対する景品表示法措置命令。処分対象は、デンソーとその子会社、及びトヨタ系列やマツダ系列のカーディーラー8社で、業界にも大きな波紋を投げかけています。

「車両用クレベリン」に用いられていた二酸化塩素発生器は、「クレベリン」シリーズの製造販売元である大幸薬品と、デンソーが共同で開発したもの。
大幸薬品は2022年1月と4月にクレベリンシリーズ商品6商品に対して措置命令を受けており、6億744万円の課徴金納付命令が下されています。

空間除菌製品の表示に関する不実証広告規制による措置命令は過去に多数出されており、
いずれの事案も、空間除菌効果表示の合理的根拠について消費者庁は同じ見解を示しています。
なぜ、今回の処分を回避することができなかったのでしょうか。

今回問題となった車室内での「空間除菌」効果表示の合理的根拠の考え方、処分対象が自動車販売会社8社にまで及んだ理由、違反リスク回避の可能性を分析しました。


【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
・10社一斉処分、「車両用クレベリン」の車室内「空間除菌」効果表示に景表法措置命令。違反リスクは回避できなかったのか

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック