2023年11月22日

糖質カット炊飯器の販売事業者4社に景表法措置命令。みせかけの糖質低減率表示に「合理的な根拠」認めず(消費者庁 2023年10月31日)

10月31日、消費者庁は、糖質カット炊飯器の販売事業者4社に対し、商品の糖質カット炊飯機能表示について、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行いました。
不実証広告規制を用いた処分となっており、4社が提出した根拠資料は、いずれも表示の裏付けとなる「合理的な根拠」として認められませんでした。

表示媒体は、自社ウェブサイトや、楽天、アマゾン、ヤフー内の自社ウェブサイトのほか、プレスリリースやクラウドファンディングサービス「Makuake」での販売サイトが対象となりました、クラウドファンディングサイトが対象となるのは初めてです。

処分のポイントと、4社が認められなかった根拠資料について「合理的な根拠」の考え方を確認します。

【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
・糖質カット炊飯器の販売事業者4社に景表法措置命令。みせかけの糖質低減率表示に「合理的な根拠」認めず(消費者庁 2023年10月31日)

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック