2022年01月29日

「クレベリン」の大幸薬品に景表法措置命令。「空間除菌製品」の除菌効果表示の合理的根拠に波紋(消費者庁 2022年1月20日)

昨年12月の大木製薬とCLO2 Labに続き、1月20日に「クレベリン」の大幸薬品にも景品表示法違反の措置命令が出されました。

今回措置命令の対象となったのは、クレベリン商品4商品(スティックタイプ2商品、スプレータイプ2商品)で、当初、命令の対象だった「置き型」タイプ2商品は対象外となっています。

消費者庁の命令を不服として大幸薬品は差し止め訴訟を行い、「置き型」に対しては東京地裁では合理的根拠が認められています。スティックタイプ、スプレータイプについても、取消訴訟や審査請求を行う構えで、波紋を呼んでいます。

処分の概要と、物議をかもしている空間除菌関連商品の菌・ウイルス除去効果の合理的根拠について考察します。

【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
「クレベリン」の大幸薬品に景表法措置命令。「空間除菌製品」の除菌効果表示の合理的根拠に波紋(消費者庁 2022年1月20日)


posted by Fides at 11:55| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。