2022年01月12日

大木製薬とCLO2 Lab「空間除菌製品」の除菌効果表示に景表法措置命令。打消し表示に効果なし (消費者庁 2021年12月17日)

二酸化塩素の作用により『部屋に置いたり首にかけたりするだけで「空間除菌できる」』とうたった商品に対する景品表示法の措置命令です。
今回の違反も優良誤認で、不実証広告規制を用いた処分となっており、表示の裏付けとなる「合理的な根拠」が認められませんでした。
処分の概要と2社の対応、根拠資料の内容と消費者庁の「合理的な根拠」の見解について、2回に分けて取り上げます。
まずは、処分内容と2社の対応を確認します。

【Fides 広告コンプライアンス・CX改善】ブログ
大木製薬とCLO2 Lab「空間除菌製品」の除菌効果表示に景表法措置命令。打消し表示に効果なし
(消費者庁 2021年12月17日)


posted by Fides at 00:00| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。