2021年06月30日

コロナ太り対策?ビジョンズ、マッサージクリームの痩身効果表示に景表法措置命令

今回は、コロナ太り対策を意識した商品に対する景表法措置命令です。

消費者庁は6月22日、雑貨品等の企画、製造、販売事業者ビジョンズ(株)(東京都品川区)に対し、同社がOEM製造でインターネット販売していたマッサージクリームの痩身効果の表示について、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行いました。

今回の違反も不実証広告規制(※)を用いた処分となっており、表示の裏付けとなる「合理的な根拠」が認められず、打消し表示も認められませんでした。

健康食品や雑貨、EMS機器などだけでなく、化粧品においても塗るだけ、貼るだけといった「何かをするだけで痩せる」という表示には注意が必要です。

違反概要と消費者庁の見解について確認します。

----------
ビジョンズ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
(2021年6月22日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/notice/entry/024661/
----------
(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

【事業者の概要】
ビジョンズ(株)
東京都品川区、雑貨品等の企画、製造及び販売業等

【対象商品】
「プルマモア マッサージ&モイストボディクリーム」と称する商品

【表示媒体】
自社ウェブサイト

【表示期間】
2020年7月29日から同年12月22日までの間

【違反内容】
本件商品の容器包装の画像と共に、
「ついに…部分痩せが可能に」、「女の格を上げるのは塗るだけダイエット?!」、「ダイエットにも美容にもこれ一本!」及び「痩身効果 ホスファチジコリン ※脂肪溶解注射のメイン成分」等と、表示することにより、あたかも、本件商品を身体の部位に塗布するだけで、商品に含まれる成分の作用により当該部位に短期間で著しい痩身効果が得られるかのように示す表示をしていた。

表示例(自社ウェブサイト):
(消費者庁公表資料より引用)
ビジョンズ1.png

実際:
同社に対し、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、資料が提出された。しかし、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

●打消し表示について

「※掲載しているお声は、個人の感想であり、実感には個人差がございます。」、「※適度な運動とバランスの良い食事にプルマモアを併用いただいた結果です。」及び「※マッサージの効果による」と表示していましたが、当該表示は、一般消費者が対象表示から受ける商品の効果に関する認識を打ち消すものではない、とみなされています。
打消し表示が小さく見えづらい表記となっており、一般消費者が気がつくものではないと消費者庁はコメントしています。

表示例:
(消費者庁公表資料より引用 赤枠部分)
ビジョンズ2.png


●消費者庁の「合理的な根拠」に関する見解
記者会見での質疑で、表示対策課の調査官は不実証広告規制における表示の裏付けとなる「合理的な根拠」に関する判断について、以下のように述べています。

・「ホスファチジルコリン」という成分が、美容関係で皮下注射により脂肪を溶かすという触れ込みで実際に使われていることは確か。ただし、実際に痩せるのかどうかは判断していない。
専門家の話では「皮下注射をして仮に脂肪が柔らかくなっても脂肪が燃焼しなければならない。溶けただけでは外に排出されるわけではないため、カロリーとして消費するか排出しないと瘦せることにはつながらないのではないか」と聞いている。
・ビジョンズ側からは、「ホスファチジルコリン」が含有されているという成分分析表は提出されたが、消費者庁としては商品の成分内容について分析センター等で確認は行っていない。
・商品の成分分析を行うまでもなく、提出資料では痩せる根拠とはならないということが判断できる。
・(ビジョンズ側は)クリームを使った実験はしていなかった。一般論として、クリームを塗って経皮に吸収されることはあるが、深部にまで吸収されるかどうかは疑わしい。

また、本件商品は、有名ブロガーを広告に起用し、インスタグラム等で人気を博していたもので、ビジョンズ側は、今回の違法表示について「ウェブ会社に任せてしまった」と説明しています。
自社で販売する商品の広告については、たとえ広告内容の決定を他の者に委ねていたとしても、広告主であるビジョンズが景表法の規制対象となります。
広告規制に関する正しい理解と広告管理責任が求められます。

新型コロナウイルス感染症による巣ごもり需要があるなか、消費者庁ではこれからも同様の事案について注視していくとしています。

フィデスでは、社内の広告コンプライアンス体制構築や、自社ショップサイトに掲載する商品広告の表示チェック、商品仕入先からの商品情報チェックを行える体制づくりをサポートしています。
お気軽にご相談ください。


==================================
◆広告法務コンサルティング・社員教育◆
販促・広報戦略、商品表示・広告チェック社内体制構築等、
社外専門家としてのノウハウとサポート
http://compliance-ad.jp/service03/
==================================

≪関連記事≫

・ハウワイ、まつ毛美容液とダイエット茶の効能表示に景表法措置命令。社内適正広告管理が徹底できず(消費者庁:2021年6月3日)
https://blog.fides-cd.co.jp/article/481944891.html

・痩身系健康茶「メタボメ茶」、ティーライフ(株)に対し2度目の景表法措置命令。体験談は「ダイエットプーアール茶」?(消費者庁:平成29年9月29日)
https://blog.fides-cd.co.jp/article/480787516.html

・EMS機器のTV通販、TBSグロウディアに景表法措置命令 モニター使用テストの合理性に注意 (消費者庁 2020年12月18日)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/479504420.html

・ 健康被害の「ケトジェンヌ」、景表法で措置命令。ダイエット方法による体質改善訴求も優良誤認認定 (消費者庁 2020年3月19日)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/474263715.html


------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。
 登録はこちら
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------

posted by Fides at 13:46| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。