2014年01月09日

アップリカ、ベビーカーシートの通気性表示に景表法措置命令

消費者庁は12月26日に、アップリカ・チルドレンズプロダクツ(株)の販売したベビーカーの表示に対し、景品表示法(優良誤認)の措置命令を行いました。

----------
アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁の関連PDF)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/131226premiums_1.pdf
----------


【違反内容】
対象商品:
「AirRia」(エアリア)と称するベビーカー

表示媒体:
a) 「AirRia」と題するリーフレット(表示期間:H25.3.1.〜H25.10.17)
b) 「BREATHAIRレジスタードマーク 」と題するリーフレット(表示期間:H25.3.25.〜H25.10.17)
c) 自社ウェブサイト(表示期間:H25.3.1.〜H25.10.18)
d) 「たまごクラブ5月号」と称する雑誌(表示期間:H25.4.15.発売)

【表示例1:「AirRia」と題するリーフレット】ベビーカー.png

違反内容:
対象商品のシート部分が、自社従来品のシート部分(内部にウレタンを使用)に比して約11倍の通気性を有するかのように示す表示をしていたが、実際には、ほとんど通気性を有しないポリエステル素材により、「ブレスエアー」と称する素材を覆っていた。さらに、他の素材も重ねており、対象商品のシート部分は、全く通気性が認められないものであった。
-------

今回問題となったベビーカーのシート部分の通気性能の表示について、クッション材「ブレスエアー」自体の通気性は良かったものの、製品設計上の問題でその性能が無効となっていたことになります。

広告クリエイティブ以前の段階で、製品の機能性についてきちんと社内チェックする品質管理体制が求められます。

消費者庁によると、命令の対象となったベビーカー「エアリア」は3月に発売され、計6万台、約16億円の売り上げがあったということです。


------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
 登録はこちら
------------------------------------------------------------
======================================
◆法令遵守チェック&コピーライティング◆
消費生活アドバイザーが、ネット通販の各種法律違反となる可能性
の高い表示・表現をチェック。顧客視点で、わかりやすく、親切で、
魅力的な広告を制作します。

http://www.fides-cd.co.jp/category/pub01/
======================================

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック