2021年08月11日

コロナ禍前後の購入時の判断要素、6割が変化なし。「店員との会話」は重視度低下(令和3年版 消費者白書)

新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式の下、幅広い年齢層でインターネットを利用した「ネット購入」が日常的な購入手段の一つとして浸透しました。そんな中、消費者のネット購入に対する信頼度や、実店舗での「リアル購入」も含め、消費者が購入するか否かを判断する要素や考え方等に、変化はあるのでしょうか。

「令和3年版 消費者白書」より、「新しい生活様式」下における買い物に対する消費者意識(消費者庁「消費者意識基本調査」(2020年度)をベース)を確認します。

【調査のポイント】
●ネット購入利用率、20歳代から40歳代が85%〜90%、60歳代が約6割、70歳代が約5割
●ネット購入している人の7割はネット購入を信頼している
●ネット購入で心配なのは「個人情報漏洩・悪用」「商品やサービスが期待とは異なる」「望まない広告メール」
●購入時に重視するもののトップ「価格」、次いで「商品の現物確認」
●新聞・雑誌、テレビの情報、広告は高年齢層が重視。ネット上の口コミ、情報は20〜30歳代が重視傾向
●購入時の重視度の変化、6割が変化なし。「店員との会話」は重視度低下

続きを読む
posted by Fides at 17:45| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする