2021年06月05日

通販事業者のトラブル相談。「コロナ禍」「高齢者」「悪質顧客」「特商法」への相談増 (JADMA 2020年度の事業者相談件数)

2020年度に(公社)日本通信販売協会に寄せられた、通販事業者(会員、非会員)からのトラブル相談から、最近の通販事業者のトラブル相談の傾向について確認してみました。

20年度の相談件数は、前年度に比べて23.7%の減少となりました。
「顧客対応」相談では、「コロナ禍」ならではの相談や「高齢者」に関する相談が増加しています。また、過剰要求を行う顧客対応に関する相談も依然多い状況となっています。
「顧客対応以外」の相談では、「法規制情報」、とりわけ特商法関連や景表法の有利誤認に関する相談が増えています。

-----
(※)
(公社)日本通信販売協会 「2020年度 事業者相談件数とその概要」
(ジャドマニューズ2021年3月−4月)
https://www.jadma.or.jp/pdf/news/2021_03-04.pdf
-----

●2020年度 事業者相談件数
20年度に寄せられた相談件数は247件で前年度比23.7%の減少(2019年度317件)。
相談内容内訳では、「顧客対応」が99件、「顧客対応以外」が148件だった。また、景品表示法、薬機法等に関する法律相談が208件だった。
※今年度から相談内容の項目を変更したことにより、「顧客対応」及び「顧客対応以外」 の相談は、前年度対比では集計結果に大きな差異のある場合がある。
事業者相談件数(2020JADMA).png


続きを読む
posted by Fides at 14:57| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする