2021年05月13日

トクホ広告101件の広告中10件に違反の恐れ。義務表示、個人の感想、機能性表示食品との切り分けに注意 (日健栄協 第12回 特定保健用食品広告審査会)

1991 年(平成 3 年)に発足した特定保健用食品制度。
2021年5月10日現在で1,074品目が許可・承認され、市場規模は6493億円(2019年度)と、品目数、金額ともにほぼ横ばいが続いています。

・2019年度トクホ市場規模6432億円、前年度比微増。食物繊維関連大幅増加
http://blog.fides-cd.co.jp/article/474962562.html

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会では、2013年度より〈トクホ〉の広告表現の適正化と向上を図ることを目的として「特定保健用食品広告審査会」を過去11回開催しています。
今回、2021年1月に実施された第12回審査会の審査結果概要を紹介します。

審査した19社32商品101件の広告中10件で、法令や同協会の適正広告自主基準などへの適合性に疑問があると判定しました。
第11回審査会(2020年1月実施)では、審査広告13社27商品46件の広告中「問題あり」は3件だったのに対し、今回は審査件数が倍とはいえ、不適合件数割合も増加しています。
(第12回9.9%、第11回6.5%)

審査結果を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 13:49| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする