2021年05月18日

調査開始以来最高伸び率、前年同月比39.1%増。2021年3月のネットショッピング支出額18,651円(総務省家計調査 2021年3月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2021年(令和3年)3月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2021年3月のネットショッピングの支出額は18,651円で、前年同月比39.1%増となりました。前月2月の同比22.8%から、更にプラス幅が16.3ポイント大きく拡大しました。
前年同月比の伸びでは、調査開始以来最高だった昨年10月の37.9%を1.2ポイント上回りました。

・2020年10月の一世帯当たりのネットショッピング平均支出額は17,876円。前年同月比37.9%プラス
(総務省家計調査 2020年10月)
https://blog.fides-cd.co.jp/article/478971361.html

ネットショッピング利用世帯の支出額については35,551円で、前年同月比は16.1%増となり前月2月の同比1.3%から、プラス幅が14.8ポイント大きく拡大しました。

ネットショッピングの利用世帯の割合は52.5%で、前年同月を8.7ポイント上回り、前月2月の51.5%%からは1ポイント増加となりました。

品目別では、すべての品目において前年同月比がプラスとなり、特にチケットは93.5%増と盛り返しています。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 10:38| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

コロナ禍の食の志向 「健康志向」と「簡便化志向」が上昇し、「経済性志向」が低下(日本政策金融公庫 2021年1月消費者動向調査)

日本政策金融公庫が平成20年から半期に一度継続調査を行っている、食品に関する消費者動向の2021年1月調査をご紹介します。

2021年1月時点の食の志向は、「健康志向」が41.4%で最多、次いで「簡便化志向」(37.3%)、「経済性志向」(35.5%)が引き続き3大志向でした。低下傾向が続いていた「健康志向」が上昇に転じました。「簡便化志向」も再び上昇、逆に「経済性志向」が低下に転じ、再び順位が入れ替わりました。

また、「国産志向」は16.4%で横ばい、割高でも国産品を選ぶ割合は、58.9%と過半を維持しつつ横ばいで推移しています。
他方、「国産品へのこだわりはない」は14.8%となり、前回調査に引き続き低下しました。

調査データを見てみましょう。

《調査のポイント》
●食の3大志向1位「健康志向」は低下傾向から上昇へ。「簡便化志向」は上昇、「経済性志向」は低下し順位逆転
●国産品かどうか「気にかける」74%、直近6半期は横ばい
●国産食品の「高い」「安全」は再び低下
●「割高でも国産」は59%で横ばい。「国産品へのこだわりない」は低下

続きを読む
posted by Fides at 08:00| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

トクホ広告101件の広告中10件に違反の恐れ。義務表示、個人の感想、機能性表示食品との切り分けに注意 (日健栄協 第12回 特定保健用食品広告審査会)

1991 年(平成 3 年)に発足した特定保健用食品制度。
2021年5月10日現在で1,074品目が許可・承認され、市場規模は6493億円(2019年度)と、品目数、金額ともにほぼ横ばいが続いています。

・2019年度トクホ市場規模6432億円、前年度比微増。食物繊維関連大幅増加
http://blog.fides-cd.co.jp/article/474962562.html

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会では、2013年度より〈トクホ〉の広告表現の適正化と向上を図ることを目的として「特定保健用食品広告審査会」を過去11回開催しています。
今回、2021年1月に実施された第12回審査会の審査結果概要を紹介します。

審査した19社32商品101件の広告中10件で、法令や同協会の適正広告自主基準などへの適合性に疑問があると判定しました。
第11回審査会(2020年1月実施)では、審査広告13社27商品46件の広告中「問題あり」は3件だったのに対し、今回は審査件数が倍とはいえ、不適合件数割合も増加しています。
(第12回9.9%、第11回6.5%)

審査結果を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 13:49| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする