2018年01月05日

マーケットプレイスの巨人アマゾンの価格戦略の行方

オンライン・マーケットプレイスの巨人アマゾン。
2016年度のネット販売実施企業EC売上高ランキングでは、アマゾンジャパンは2位以下の企業を大きく引き離してトップ、前年比17.6%の増収となり売上高1兆円を突破しました。
(2位ヨドバシ、3位スタートトゥデイ 「月刊ネット販売」による売上高調査「ネット販売白書」)
Amazonロゴ.png
「顧客第一主義」を行動指針に掲げて躍進を続けるアマゾンですが、昨年末、販売価格をめぐる問題が報じられたことに注目しています。

昨年11月の海外報道で、アマゾンが出品者の商品を割引販売する「Discount Provided by Amazon」という新しい割引プログラムが米国でスタートしたと報じられました。
内容は以下のようなものです。

・アマゾンの値下げはこれまで、同社が自社で仕入れ、直接販売する商品だけが対象だった。
・マーケットプレイスで商品を販売する販売事業者の商品価格を引き下げて(最大9%)販売し、その差額はアマゾンが負担する。
・マーケットプレイスで扱う全アイテムではなく、アマゾンのフルフィルメントサービス「FBA(Fulfillment by Amazon)※」を利用して販売している商品が対象となっているもよう。プログラムの退会も可能。
※FBA
販売事業者が物流倉庫代と配送手数料をアマゾンに支払って物流業務を委託するプログラム

この値引き販売プログラムは米国で始まったものですが、アマゾンジャパンでは、これまで「最安値保証契約」というものがあり、これが独占禁止法違反の疑いがあるとして公正取引委員会の調査を受け、昨年6月に契約内容を全面的に見直したという経緯があります。

続きを読む
posted by Fides at 07:00| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

年始のご挨拶「2018ネット通販 Fidesの視点」

あけましておめでとうございます。
今年のフィデスからのお年賀は、「2018ネット通販 Fidesの視点」 です。

================================================
■景品表示法、特定商取引法、消費者契約法、広告規制強化
消費者に誤認を生じさせない情報提供のあり方、表示管理体制整備の重要性が一層高まる。

■注目の「ライブコマース」更なる躍進か?
ライブ配信者とのコミュニケーションやスムーズな購入導線など、購買体験向上により更なる成長に注目集まる。

■EC特有の不安解消の取り組み進む
採寸用ボディースーツ『ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)』によるサイズ不安解消など、ネット購入の不安解消の取組み進む。
================================================

今年もご愛読よろしくお願いします!
犬年.png


-------------------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの1週間分の
情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
 登録はこちら
-------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------

posted by Fides at 10:50| Comment(0) | FIDES の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

イオンライフ、葬儀サービスの「追加料金不要」表示に景表法措置命令。「追加料金」請求4割

12月22日、消費者庁はイオングループの葬儀会社イオンライフ(株)に対し「イオンのお葬式」の名称で供給する葬儀サービスの表示について、景品表示法違反(有利誤認) の措置命令を行いました。

料金プランを提示して「追加料金不要」と記載することで、サービスを提供するにあたって必要な追加、変更する場合でも、あたかも、記載された価格以外に追加料金が発生しないかのように表示をしていました。
報道によると、全体の4割ほどで追加料金が発生し、苦情が寄せられていたと報じています。

----------
イオンライフ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成29年12月22日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171222_0001.pdf
---------

●違反概要
【対象役務】

「イオンのお葬式」の名称で供給する葬儀サービスのうち、「火葬式」、「1日葬」、「家族葬」

【表示媒体・期間】
朝日新聞夕刊:平成29年3月14日(配布地域:全国、配布部数:約210万部)
産経新聞朝刊:平成29年4月27日(配布地域:全国、配布部数:約160万部)
毎日新聞夕刊:平成29年5月6日
(配布地域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、配布部数:約30万部)

【違反内容】
表示内容:

「追加料金不要」と記載したうえで、「火葬式198千円(税込)」「1日葬348千円(税込)」「家族葬498千円(税込)」と記載することで、あたかも、本件3役務の提供に当たって必要な物品又は役務を追加又は変更する場合でも、記載された価格以外に追加料金が発生しないかのように表示をしていた。

続きを読む
posted by Fides at 22:42| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする