2018年08月02日

ブロック肉と成型肉は同等品質?マクドナルドのローストビーフ料理メニューに景表法措置命令。打消し表示の有効性

消費者庁は7月24日、日本マクドナルド(株)に対し、同社が提供しているローストビーフを使用した料理の表示について、景品表示法の措置命令を行いました。

同社はテレビコマーシャル、並びに自社Webサイト等で掲出した動画、広告物に、対象料理に使用されている「ローストビーフ」にはブロック肉(牛の部分肉を分割したもの)を使用しているかのように示す表示をしていましたが、実際には使用されている「ローストビーフ」の過半について、成形肉(牛赤身のブロック肉を切断加工したものを加熱して結着させ、形状を整えたもの)を使用しており、優良誤認表示とみなされました。

----------
日本マクドナルド株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
(平成30年7月24日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180724_0001.pdf
----------

消費者庁の調査を受け、表示の修正を行いましたが、修正後の表示も措置命令対象表示となっています。
打消し表示を含め、優良誤認とみなされた表示について、内容を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 20:21| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は30,746円 (総務省家計調査 2018年5月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2018年(平成30年)5月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2018年5月のネットショッピングの支出額は11,783円で、前年同月を19.0%上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は38.3%で、前年同月を4.7ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については30,746円で、前年同月比は4.4%プラスとなりました。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 11:19| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

打消し表示への対応は万全に!29年度の消費者庁の広告表示適正化への取組

前回の記事では、消費者庁の「景品表示法の運用状況及び消費者取引の適正化への取組」(※1)より、29年度の景表法違反状況を取り上げました。
今回は、29年度の消費者庁の表示適正化への具体的な取組について報告します。
自社のコンプライアンス対策に、チェックしてみてください。

●「打消し表示に関する実態調査報告書」の公表
●事業者が講ずべき管理上の措置の執行 「指導及び助言」が86件
●公正競争規約の変更
●インターネット上の広告表示の監視調査は継続中
●都道府県との連携、協力関係強化
●健康食品に対する景品表示法と健康増進法との一体的な執行


続きを読む
posted by Fides at 19:19| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする