2017年11月09日

偽装比較サイトで優良誤認景表法措置命令。トラブル解決サービスARS

消費者庁は11月2日に、住宅トラブルの解決サービスを提供する会社(株)ARSおよび、(株)リュウセンが供給する日常生活における各種トラブル解決サービスに関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。

自社ウェブサイト及び、自社とは無関係の事業者が運営するものであるかのように装った比較サイトにおいて、拠点数、受注実績、取材実績、No.1表示、同業他社比較等の表示で優良誤認表示とみなされました。
No.1表示、作業員の現場到着時間、同業他社比較については、不実証広告規制(※)を用いた処分となっています。

(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

----------
株式会社ARS及び株式会社リュウセンに対する景品表示法に基づく措置命令について
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171102_0001.pdf
 (平成29年11月2日 消費者庁)
----------

続きを読む
posted by Fides at 20:01| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

キッセイ薬品の特別用途食品に景表法措置命令 消費者庁の法執行動向

10月19日、消費者庁は医療用医薬品、治療用特殊食品の開発・販売業者キッセイ薬品工業(株)に対し、特別用途食品「げんたそうめん」「げんたうどん」に関する表示について、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。

同商品は、消費者庁が昨年10月に事業者に依頼した保健機能食品の品質管理調査の結果、特別用途食品としての表示許可基準を満たさない場合があることが判明していました。
同社は昨年11月に販売中止しています。

調査の発端となった、トクホ制度初の表示許可取消しとなった日本サプリメント(株)については、昨年9月「許可取り消し」、今年2月「措置命令」、6月「課徴金命令」が段階的に行われています。

消費者庁では、特定保健用食品について平成28年度、29年度の買上調査の結果を含め、景品表示法違反事案に接した場合には厳正に対処するとしています。
保健機能食品の品質管理が問題となった事案について、消費者庁の法執行判断について整理してみます。

続きを読む
posted by Fides at 19:54| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は32,474円(総務省家計調査 2017年8月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2017年(平成29年)8月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2017年8月のネットショッピングの支出額は、1月以降8カ月連続で前年同月を上回りました。
全ての品目で支出額が前年同月を上回っています。
また、ネットショッピング利用世帯の支出額も、2カ月ぶりに前年同月比プラスに転じました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

続きを読む
posted by Fides at 09:42| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする