2020年06月19日

コロナ禍の夏期一斉食品表示の取締り。重点監視事項を示さず、自治体ごとの裁量にゆだねる

全国的に梅雨入りする中、新型コロナだけでなく食中毒も心配なシーズンとなってきました。

本来であれば、夏期に多発する食中毒の発生防止を図るために、厚労省では毎年、食品、添加物等の夏期一斉取締りを行うところですが、新型コロナウイルス感染症への対応で保健所の負担が増大していることから、本年度は「重点監視指導項目」を示さないことを5月22日に通知しました。

とはいえ、食品衛生監視指導を全く行わないということではありません。

各都道府県に対しては、実施可能な範囲で、腸管出血性大腸菌O157、カンピロバクター等の食中毒防止や、食品衛生法改正により6月1日に導入されたHACCP制度の事業者への周知と導入支援を求めています。


続きを読む
posted by Fides at 11:52| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は30,914円。前年同月比マイナス5.6%(総務省家計調査 2020年4月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2020年(令和2年)4月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2020年4月のネットショッピングの支出額は14,622円で、前年同月比5.9%増となり、2020年1月から3カ月ぶりにプラスに転じました。
支出品目において増加したものと減少したものについては、新型コロナウィルス感染症拡大による外出自粛等の影響が、更に顕著に表れています。

ネットショッピング利用世帯の支出額については30,914円で、前年同月比は5.6%マイナスとなりました。

ネットショッピングの利用世帯の割合は47.3%で、前年同月の42.2%及び前月3月の43.8%を大きく上回り、調査開始以来最高の数値となっています。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 16:07| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

埼玉県、コロナ禍のマスク通販(株)夢グループに景表法措置命令。販売価格や期間限定表示に有利誤認

埼玉県のタイムリーな法執行が活発です。

埼玉県は6月11日に、通販やコンサート運営などを手がける(株)夢グループ(東京都文京区)が通販で供給する衛生マスクの表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、衛生マスクの需要が全国的に高まっていた状況下においての、販売価格表示や期間限定販売表示に対して有利誤認違反による処分となっています。

内容を確認します。

----------
衛生マスクを販売する事業者に措置命令を行いました。
 (埼玉県 2020年6月11日)
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/0611-06.html
----------


続きを読む
posted by Fides at 17:21| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする