2020年07月01日

ファミリア薬品「芦屋美蓉館」に景表法措置命令 石けんのシミ消し効果に不実証広告規制

消費者庁は6月26日、化粧品等の通信販売業者(有)ファミリア薬品(兵庫県尼崎市)に対し、シミ消し効果を標ぼうする石けんに関する表示に景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。
同社が運営する「芦屋美蓉館(びようかん)」のウェブサイトで販売していた「朱の実」という商品名の石けんで、シミ消し効果に対する優良誤認は不実証広告規制(※)を用いた処分となっています。

「※個人の感想です。」「※ジミとは加齢による肌の汚れやくすみを言います。」といった打消し表示も、打消し効果が認められませんでした。

消費者庁及び公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所の調査による事案です。
処分のポイントについて確認します。

----------
有限会社ファミリア薬品に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 2020年6月26日)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representaition_200626_1.pdf
---------
(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

続きを読む
posted by Fides at 13:20| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

メーカー希望小売価格の廃止に気付かず、サンドラッグ、二重価格表示に景表法措置命令

消費者庁は6月24日に、ドラッグストア(株)サンドラッグが供給する医薬品、食品等の価格表示に対し、景品表示法(有利誤認)の措置命令を行いました。

表示媒体は、日刊新聞の折込みチラシで、既に存在しない「メーカー希望小売価格」の二重価格表示が問題となりました。
サンドラッグによると、過去存在したメーカー希望小売価格(定価)が廃止されたことに気付かずそのまま掲載するなど、商品情報管理のメンテナンス不備が原因としています。

同社は2014年1月にも冷凍食品の「希望小売価格」による二重価格表示で、東京都から改善指示を受けています。

・ドンキ、サンドラックに改善指示。冷凍食品の二重価格表示 (東京都)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/385913602.html

本事案から「希望小売価格」などを比較対照価格とする二重価格表示について、景表法の考え方をチェックしておきましょう。

----------
株式会社サンドラッグに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (2020年6月24日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_200623_01.pdf
----------

続きを読む
posted by Fides at 20:35| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

消費者は日用品購入時に安全性考慮せず。安全情報の提供に配慮を(日用品の安全性に関する意識調査 2020年3月4日)

先日の記事では、ネット販売での製品安全関係法の違反件数が増加していることをお伝えしましたが、他方、消費者側の日用品の安全性に関する意識はどうでしょうか。
経済産業省では、製品安全関係法で指定する対象製品を購入の際は、必ずPSマークの表示を確認するようにと注意喚起しています。(※)

(※)
(消費者向け)インターネット取引で製品を購入される皆様へ:経済産業省
https://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/system/consumer_product-safety-4law-overview.pdf

また、消費者庁では、2019年9月に全国の15歳以上79歳以下の消費者3000人を対象に「日用品の安全性に関する意識調査」を実施し、価格と安全性に対する考え方を明らかにしています。
背景には、安価な100円ショップ等で購入した雑貨や、化粧品、子供用の玩具などの日用品での重大事故の発生があります。
消費者庁には、2015年1月〜2019年12月末の5年間に100円ショップで購入した日用品に関する事故の情報が339件寄せられています。

調査によると、男性の方が女性よりも安全性に対する意識が低い傾向があり、高価格なものと比べて安価な日用品を購入する場合は、安全性に対する意識が低くなりがちで、安全性に関する表示を確認することなく、衝動的に購入してしまう傾向が見られました。

日用品の購入時の安全性への意識や表示の確認行動について、確認してみましょう。

続きを読む
posted by Fides at 17:33| Comment(0) | コピー&運営法律チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする