2019年11月20日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は36,204円(総務省家計調査 2019年9月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2019年9月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2019年9月のネットショッピングの支出額は15,581円で、前年同月を22.7%上回りました。
過去2年においては9月の支出額は落ち込み傾向にありましたが、今年は前月8月の15,143円を上回り、消費税増税前の駆け込み需要の影響と見られます。

ネットショッピングの利用世帯の割合は43.0%で、前年同月を3.4ポイント上回ったものの、2019年に入って横ばいが続いています。
ネットショッピング利用世帯の支出額については36,204円で、前年同月比が12.8%プラスと2桁増となりました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 15:43| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

家庭用医療機器の生産・輸入金額は、1122億204万円で、対前年比−30.1%(平成30年 薬事工業生産動態統計)

前回の記事では、厚生労働省が発表している「薬事工業生産動態統計」年報(※)より、医薬部外品の薬効分類別生産・輸入金額の動向を取り上げました。
今回紹介するのは、医療機器生産金額の中から、家庭用医療機器です。
平成30年の家庭用医療機器の生産・輸入金額は、1122億204万円で、対前年比−30.1%と減少しました。

【家庭用医療機器生産・輸入金額】
家庭用医療機器生産金額H.30.png


続きを読む
posted by Fides at 10:05| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

乳酸菌のインフルエンザ予防効果を暗示するテレビCM。気になる消費者庁の判断

11月も半ばを過ぎ、そろそろ本格的な冬に向けて風邪やインフルエンザ対策が気になり始めるころですね。
そんな中、乳酸菌食品の広告が活発です。

特に目に留まったのは、11月に入ってオンエアされている大手食品メーカーM社の「〇〇(会社名)のこの乳酸菌」CMです!
目にされた方もいらっしゃることと思いますが、キャストに薬師丸ひろ子と賀来賢人を起用し、「『〇〇のこの乳酸菌』を含む食品により唾液の免疫力向上が新たに発見され、インフルエンザに有効なデータが確認できた」と明言しています。

前回の記事で、11月1日に出された健康食品「ブロリコ」に対する措置命令で、大手企業においても利用されている、健康食品の成分の研究コンテンツにより効能効果を啓発する広告手法が見直されるのでは、とお話ししたところでした。

しかし、このテレビCMが堂々とオンエアされているところを見る限り、事業者は全く意に介することなく広告展開を進めていると考えられます。

続きを読む
posted by Fides at 13:08| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする