2019年08月31日

育毛剤(株)RAVIPAに景表法措置命令。「いつでも解約」「顧客満足度」「使用体験者の年齢」「お手入れなし・あり写真」に不当表示認定

8月20日、埼玉県は豊島区の女性向け育毛剤等の通信販売事業者(株)RAVIPA(ラヴィパ)に対し、同社が供給する「薬用Hairmoreスカルプエッセンス」と称する女性向け育毛剤の表示について、景品表示法違反(有利・優良誤認) の措置命令を行いました。

「いつでも解約」、「顧客満足度」、「使用体験者の年齢」、「お手入れなし・あり写真」に対して、有利・優良誤認の判断となっています。

「特定商取引に関する法律施行規則」の一部改正により、定期購入契約での支払総額や販売期間などの販売条件の明記が義務付けられる中(※)、「いつでも解約できる」と顧客に安心感を与えつつ、定期購入に誘導する手法が増えています。
また、それ以外の誤認表示の手法も、広告に多用されており、注意が必要です。

(※)
通販で定期購入契約を行う際の広告に、販売条件の明記が義務付けに(特定商取引に関する法律施行規則の一部を改正する命令(平成29年6月30日公布))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/452875372.html

処分のポイントについて確認します。

----------
女性向け育毛剤の通信販売事業者に対する措置命令について
 (埼玉県 2019年8月20日)
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0821-03.html
---------

続きを読む
posted by Fides at 14:18| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

消費税増税前後の買い物行動、セールや特売利用活発に。7月8月の景表法処分、消費税増税の影響も?

2019年10月の消費税率8%から10%への引き上げ実施が、いよいよ近づいてきました。

消費を冷え込ませないために、政府は特定品目の軽減税率や中小規模店舗におけるキャッシュレス決済時のポイント還元策(※)を導入したり、事業者側は独自のキャッシュレス決済ポイント還元キャンペーンなどを打ち出しています。

これに対する消費者の買い物行動への意識と、景表法違反処分の傾向について考察してみます。

ソフトブレーン・フィールド(株)が行った「消費税増税前後の日用品の買い物行動の変化に関する意識調査」から、増税前後での日用品の買い物行動に対する変化と増税後のキャッシュレス決済の頻度変化の意識について確認できます。

=================================================
「消費税増税前後の日用品の買い物行動の変化に関する意識調査」
https://www.atpress.ne.jp/news/190475
【調査概要】
調査期間:2019年7月10〜12日
調査対象:全国のPoint of Buy会員何ケートモニター
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答:7,745人(20代〜60代男女)
=================================================

続きを読む
posted by Fides at 16:14| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

割引セールの「通常価格」表示に注意!(株)ブルースターのクリーニングセールチラシに景表法措置命令

消費者庁は8月7日に、盛岡市のクリーニング業(株)ブルースターのクリーニング
サービスのセール企画に関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。
販売実績のない比較対象価格による有利誤認表示とみなされました。

消費者庁及び公正取引委員会事務総局東北事務所の調査による事案です。

----------
株式会社ブルースターに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (2019年8月7日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_190807_01.pdf
----------

比較対象価格として、景品表示法上、「通常」価格と表示して良い販売期間の目安について確認します。続きを読む
posted by Fides at 19:14| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする