2018年09月27日

景表法措置命令と消費者からの情報提供

今回のトピックは「景表法措置命令と消費者からの情報提供」について。

野田総務相がふるさと納税の制度見直しを表明したことから、返礼品規制が話題となっていますね。

最近では、気に入った返礼品をいつでも購入することができるEC機能を持つふるさと納税サイトも登場するなど、消費者にとっては納税(寄付)というより通販感覚のほうが近いのかもしれません。

このように一般消費者にポピュラーになったふるさと納税ですが、先日の記事で取り上げた「恒づね」の和牛表示の措置命令も、端緒は大阪府枚方市のふるさと納税の返礼品として、同商品を食べた寄付者からのクレームでした。

「おいしくない。A5ではないのではないか」と市に指摘があり調査したところ、A4ランクだったことが発覚した、というものです。

続きを読む
posted by Fides at 15:53| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

求められる仕入れ先の商品管理体制。恒づねの和牛表示に景表法措置命令

9月11日、大阪府は枚方市の飲食業等を営む(株)恒づねに対し、景品表示法違反の措置命令を行いました。同社が自ら運営する店舗で提供しているディナーの牛肉メニューと、「楽天市場」で販売していた牛肉の表示について、優良誤認表示とみなされました。
大阪府による措置命令は、今年4月のイオンリテール(株)に対する新聞折り込みチラシのタイムセールの価格表示の事案に次いで2件目となっています。

本件では、商品仕入れ先に対する品質管理の甘さが問題となっています。
処分のポイントについて確認します。

----------
株式会社恒づねに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (大阪府 平成30年9月11日)
http://www.pref.osaka.lg.jp/shouhi/syobun/keihyosochimeirei2.html
---------


続きを読む
posted by Fides at 20:40| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

求められる広告の適正管理体制。ドラッグストアチェーン、キリン堂の痩身サプリ店頭POP広告に景表法措置命令

健康食品の不実証広告規制(※)による措置命令が続いています。

9月4日、消費者庁は大阪市のドラッグストアチェーンなどを展開する(株)キリン堂に対し、同社が供給する「グラリスゴールド」と称する痩身効果を謳った健康食品の表示について、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。
本年7月に処分のあったLife Leaf及びGLORIAの事案と同様に、痩身効果に対する優良誤認は不実証広告規制を用いた処分となっています。

消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所)の調査による事案です。
処分のポイントについて確認します。

----------
株式会社キリン堂に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成30年9月4日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180904_0001.pdf
---------
(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

続きを読む
posted by Fides at 17:31| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする