2018年02月18日

コールセンターのアウトバウンド営業に注意!ガス契約先変更の電話勧誘販売事業者に特商法違反で業務改善指示

東京都は、2月1日、ガス小売事業者から委託を受けてガスの契約先の変更を勧誘していた電話勧誘販売事業者(株)Free Connect(フリーコネクト)に対し、特定商取引法に基づく業務改善を指示しました。

違反の内容は、「勧誘目的不明示」「適合性原則違反」となっています。
同社はガス会社の契約変更の勧誘であることを明確に告げずに電話勧誘したり、ガス小売り自由化の知識に乏しい高齢者らに、契約変更のデメリット等の説明を十分に行わずに勧誘していました。

都には同社に関する相談が28年度、29年度の合計で93件(平成30年1月31日現在)あり、相談者の平均年齢は約77歳(30歳〜92歳)と高齢者が多くなっています。

-------------------------------------------------------------------------
ガス小売自由化に伴い、ガスの契約先の変更を勧誘していた電話勧誘販売事業者に
業務改善を指示(東京都 平成30年2月1日)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/02/01/09.html
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/02/01/09_01.html
-------------------------------------------------------------------------

続きを読む
posted by Fides at 13:03| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

東レ浄水器のパッケージ表示に景表法措置命令。打消し表示の配置箇所に注意

消費者庁は2月1日に東レ(株)が供給するポット型浄水器と交換用カートリッジのセット商品に関するパッケージ表示に対し、景品表示法(有利誤認)の措置命令を行いました。

パッケージの打消し表示の記載方法が問題となった事案です。

----------
東レ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について 
(消費者庁 平成30年2月1日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180201_0001.pdf
----------

【対象商品】
「トレビーノ PT302F メガ盛りパック」というポット型浄水器及び交換用カートリッジのセット商品

【対象表示】
表示媒体:

商品パッケージ

表示期間:
遅くとも平成29年3月以降

表示内容:
本件ポット型浄水器の箱(本体箱)に交換用カートリッジ3個を同梱した箱を接着させ一体化させた対象商品の商品パッケージに、次のとおり記載することにより、あたかも、対象商品のカートリッジが合計5個入であるかのように表示をしていた。(別紙1)
・対象商品の商品パッケージの天面において、本体箱天面に「カートリッジ1個付」と記載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載。
・対象商品の商品パッケージの前面において、本体箱にカートリッジ1個が装着されたポット型浄水器の写真を掲載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載。

実際:
対象商品は、カートリッジが本体箱に1個、一体化させたカートリッジ箱に3個の合計4個入であった。
東レ1.png


続きを読む
posted by Fides at 16:27| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

中国のオンラインゲーム会社に景表法措置命令!ゲーム上の有料ガチャの確率表記に有利誤認

消費者庁は1月26日に、中国のオンラインゲーム会社アワ・パーム・カンパニー・リミテッドが供給するオンラインゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ’98アルティメットマッチ オンライン」に関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。

オンラインゲーム上の有料ガチャの確率表記について、実際の確率よりも高い確率であるかのような有利誤認表示とみなされました。

オンラインゲーム上の有料ガチャに対する行政の規制と業界のコンプライアンスへの取り組みも紹介します。

----------
アワ・パーム・カンパニー・リミテッドに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (平成30年1月26日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180126_0001.pdf
----------

≪有利誤認表示≫
【対象役務】

平成28年12月31日から平成29年1月4日までの期間に実施した、「THE KING OF FIGHTERS ‘98 ULTIMATE MATCH Online」内で使用する「クーラ」というキャラクターを提供する「クーラ限定ガチャ」という役務

【表示媒体・期間】
「THE KING OF FIGHTERS ‘98 ULTIMATE MATCH Online」内の「クーラ限定ガチャ」の取引画面
表示期間:
平成28年12月31日から平成29年1月4日までの間

【違反内容】
「クーラ」の画像とともに、「ガチャでピックアップの格闘家があたる」、「クーラ」、「出現確率:3%」、「購入」並びに「万能破片と格闘家確定」及び「10回購入」と記載することにより、あたかも、
・「クーラ限定ガチャ」を1回ごとに取引する場合には、取引1回当たりの「クーラ」の出現確率が3ーセントであるかのように
・10回分一括して取引する場合には、「万能破片」というアイテムの出現に割り当てられる1回を除く、9回における取引1回当たりの「クーラ」の出現確率が3パーセントであるかのように表示していた。

実際:
・「クーラ限定ガチャ」を1回ごとに取引する場合の取引1回当たりの「クーラ」の出現確率は、0.333パーセントであった。
・ 10回分一括して取引する場合の「万能破片」というアイテムの出現に割り当てられる1回を除く9回における取引1回当たりの「クーラ」の出現確率は、9回のうち8回については0.333パーセントであった。

続きを読む
posted by Fides at 15:30| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする