2018年03月22日

2017年、一世帯当たりの一か月のネットショッピング平均支出額は10,586円。前年比24.0%増加!(「家計のネットショッピングの実態把握」調査2017年)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2017年(平成29年)の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

一世帯当たりのネットショッピングの一か月の平均支出額は10,586円で、前年の8,535円から24.0%増加となりました。
調査より、2人以上の世帯におけるネットショッピング(注1)の支出額について、以下のデータを確認します。

●1か月間のネットショッピング平均支出額
●ネットショッピング利用1世帯あたりの1か月間の平均支出額
●ネットショッピング利用世帯(注2)の割合
●ネットショッピング商品項目別支出割合
●ネットショッピング商品項目別1か月間の平均支出額・対前年名目増減率
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 16:43| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

拡大するリユース品のCtoC取引。フリマアプリの利用意向8割超(経済産業省調査)

総務省の家計消費状況調査によると、ネットショッピングの利用世帯の割合は右肩上がりで、2017年12月には38.2%に達し、もうすぐ4割に達する勢いです。

ネットで物を買うのが当たり前になる中、個人がネットでモノを売る行為もポピュラーになってきつつあります。
ネットオークションに加えてフリマアプリの登場で、リユース品のCtoC取引が急拡大しています。

経済産業省の調査では、2016年のネットオークションのCtoCの推定市場規模は3,458億円、フリマアプリの推定市場規模は3,052億円で、合わせて6,500億円規模となっています。

とはいえ、リユース品の販売、購入の経験率(チャネルを問わず過去1年間)はまだまだ低い状況です。商品ジャンル別で最も高い経験率は、販売経験が「ファッションレディース」の 9.0%、購入経験が「書籍、映像・音楽ソフト、ホビー」の 12.3%です。「特に無い」が販売、購入経験それぞれ 79.3%、69.5%となっており、逆算すると、販売、購入の経験率はそれぞれ 20.7%、30.5%に留まります。
経産省_リユース販売購入経験2017(BtoC).png

しかし、販売、購入意向になるとそれぞれ72.0%、58.4%と大きく上昇しています。
商品ジャンル別の販売、購入意向は値の大きい順に、「書籍、映像・音楽ソフト、ホビー」(販売52.8%、購入45.9%)、「ファッションレディース」(販売45.7%、購入29.5%)、「インテリア(小物・雑貨・その他)」(販売31.4%、購入23.8%)となっています。
経産省_リユース販売購入意向2017.png
続きを読む
posted by Fides at 13:24| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

家庭用医療機器の生産・輸入金額は、1481億8015万円。対前年比8.7%と増加(薬事工業生産動態統計)

前回の記事では、厚生労働省が発表している「薬事工業生産動態統計」年報(※)より、医薬部外品の薬効分類別生産・輸入金額の動向を取り上げました。
今回紹介するのは、医療機器生産金額の中から、家庭用医療機器です。
平成27年の家庭用医療機器の生産・輸入金額は、1481億8015万円で、対前年比8.7%と増加しました。

【家庭用医療機器生産・輸入金額】
家庭用医療機器生産金額H.27.png
家庭用医療機器生産金額表H.27.png
※ 2回クリックすると拡大します。

続きを読む
posted by Fides at 15:09| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする