2019年05月22日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は33,065円(総務省家計調査 2019年3月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2019年(平成31年)3月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2019年3月のネットショッピングの支出額は14,060円で、前年同月を16.8%上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は42.5%で、前年同月を5.0ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については33,065円で、前年同月比は3.0%プラスとなりました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 07:00| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

2018年度トクホ市場規模6432億円、前年度比微減。販売経路別では通販129.7%増の376億円

1991 年(平成 3 年)の発足から27年となる特定保健用食品制度。
公益財団法人 日本健康・栄養食品協会では、特定保健用食品の市場規模調査を実施しています。(※)
1997 年から2013 年度までは隔年実施でしたが、2014年度からは毎年実施しています。

2018年度のトクホ市場は6432億円で前年度を僅かに下回りました。
保健の用途別では「中性脂肪・体脂肪」「血糖値」が減少し、「コレステロール」「整腸」「血圧」が伸びています。
品目総数は1068で、大きく減少した1017年度に引き続き減少傾向が続いています。
保健の用途別では「中性脂肪・体脂肪」の減少が目立ちます。

2018年度の調査結果を見てみましょう。

続きを読む
posted by Fides at 17:07| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

物販系BtoCeコマースの取引実態(3)【オンラインモール利用消費者の消費行動と小売業者の販売戦略】(公正取引委員会「消費者向けeコマースの取引実態に関する調査」(平成31年1月)

前回の記事では公取委が平成30年1月から同年11月にかけて実施した「消費者向けeコマースの取引実態に関する調査」(※1)
より、「オンライン販売による実店舗販売への影響」を取り上げました。

今回は「オンラインモール利用消費者の消費行動と小売業者の販売戦略」について、以下の項目を取り上げます。

●販売形態別購入頻度(消費者)(※2)
●購入先の選択基準(消費者)(※2)
●購入先の代替性(消費者)(※2)
●販売形態ごとの競争相手(小売業者)
●販売形態ごとの販売戦略(小売業者)

※2
消費者向けアンケート調査については,ウェブを利用したアンケートであること、また、オンラインモールでの購入を月1回以上行っている者を対象としており、回答者は消費者のうち比較的積極的にインターネットを活用している層であると考えられる。

続きを読む
posted by Fides at 15:26| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする