2019年01月28日

2018年 通販・訪販小売業の倒産件数 過去2番目に多い66件、前年比24.5%増

経済産業省調査では、2017年BtoC-EC市場規模は16 兆 5,054億円(対前年比109.1%)と、拡大が続く通販市場ですが、東京商工リサーチによると、2018年の通信販売・訪問販売小売業の倒産件数が、過去2番目に多い結果となっていると発表しています。

倒産が増えた要因は、相次ぐ中小企業のネット通販への参入で過当競争が進んでいること。(これはかねてより指摘されていることですが)

2018年の全国の企業倒産状況と比較しながら、傾向を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 17:48| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

ショッピングモール利用者の約3割がトラブル経験あり、66%が何らかの不安あり(内閣府消費者委員会 「インターネットを利用した取引に関するアンケート調査」)

先日お伝えした総務省の家計調査でも、ネットショッピングの支出額、利用世帯数ともに右肩上がりとなっており、利用世帯の割合は4割を超えて、購入方法として一般家庭に普及しています。

特にその購入場所の中心となるのはショッピングモールサイトですが、普及の背景で利用者の約3割が何らかのトラブル経験があり、66%がショッピングモールの利用に対して何らかの不安を感じている、という調査データがあります。

内閣府消費者委員会が第6回 オンラインプラットフォームにおける取引の在り方に関する専門調査会(2018年9月25日)において公表した「インターネットを利用した取引に関するアンケート調査」から、消費者のショッピングモールの利用状況、不安要素、求めるサービス等のデータをピックアップしてご紹介します。

●ショッピングモールを利用する理由・基準
●ショッピングモールを利用する際に、確認するところ
●ショッピングモールを利用する際に、不安を感じるのは、どのような場合か ●ショッピングモールを利用した際に、トラブルの経験
●サイトの運営者の責任で行ってほしいサービス等



続きを読む
posted by Fides at 20:26| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は32,918円(総務省家計調査 2018年11月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2018年(平成30年)11月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2018年11月のネットショッピングの支出額は13,754円で、前年同月を25.4%と大きく上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は41.8%で、前年同月を5.4ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については32,918円で、前年同月比は9.3%プラスで、こちらも大きく増加しました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 18:37| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする