2020年06月09日

食品購入時の判断基準「価格」が最多、次いで「鮮度」、「国産」(日本政策金融公庫 2020年1月消費者動向調査)

食品購入時の判断基準について、「国産」「安全性」「味」といった、価格以外の判断基準が低下傾向にあることが分かりました。

先日の記事で食の志向について取り上げた、日本政策金融公庫の食品に関する消費者動向調査(2020年1月)より、生鮮食品の購入場所や購入時の判断基準をご紹介します。
平成 27 年(2015年)調査との比較も行っています。

《調査のポイント》
●食品の購入場所、トップは「食品スーパー」。米は「通販・宅配」が1割
●食品購入時の判断基準は、「価格」が最多、次いで「鮮度」、「国産」
●米は「価格」と「産地」、野菜・果物は「価格」と「鮮度」
●肉類は「価格」と「鮮度」と「国産」。「国産」大きく低下
●牛乳乳製品と魚介類は「価格」と「鮮度」と「国産」。卵は3位が「国内産地」

●食品の購入場所、トップは「食品スーパー」。米は「通販・宅配」が1割
生鮮食品の主な購入場所は、すべての品目において「食品スーパー」が最も多く、次いで「総合スーパー」。
品目別では、米は「生産者からの購入」「通販・宅配」が他品目より高く、野菜と果物は「直売所」、牛乳乳製品と卵は「ドラッグストア」の割合が他品目より高い。
食品購入場所_202001.png


●食品購入時の判断基準は、「価格」が最多、次いで「鮮度」、「国産」
食品購入時の判断基準は、すべての品目で「価格」が最も多くなった。
2番目に多いのは「鮮度」(「米」は選択肢非該当)。3番目は「国産」(「米」「卵」は選択肢非該当)。
前回調査(平成 27 年1月調査)との比較では、すべての品目で「価格」の割合が上昇する半面、「鮮度」は果物を除くすべての品目で、「国産」「国内産地」「味」「安全性」はすべての品目で低下している。
食品購入基準(全体)_202001.png


●米は「価格」と「産地」、野菜・果物は「価格」と「鮮度」
米は、「価格」(66.9%)に次いで、「国内産地」(56.3%)、「銘柄」(44.3%)の順。前回調査との比較で10 ポイント以上の増減は、「価格」(55.4%→66.9%)が上昇、「安全性」(31.3%→20.9%)は低下。

野菜は、「価格」(70.3%)と「鮮度」(70.2%)が同水準で、次いで「国産」(37.1%)。前回調査との比較では、「安全性」(28.6%→15.1%)が10 ポイント以上の低下。

果物は、「価格」(72.0%)に次いで、「鮮度」(67.4%)、「味」(29.3%)の順で、「国産」よりも「味」が上位となっている。前回調査との比較では、「味」(39.9%→29.3%)、「国内産地」(28.9%→17.4%)が10 ポイント以上の低下。
食品購入基準(米・野菜)_202001.png


●肉類は「価格」と「鮮度」と「国産」。「国産」大きく低下
肉類は、「価格」と「鮮度」と「国産」の順。
「価格」の割合は、「牛肉」(74.5%)、「豚肉」(74.0%)、鶏肉(73.8%)で大きな差は見られない。
「国産」の割合は、前回調査との比較で「牛肉」(42.6%→29.8%)、「豚肉」(46.1%→32.9%)、鶏肉(48.2%→35.9%)と、10 ポイント以上の大幅低下となった。
「鮮度」も各3ポイント程度の低下。
食品購入基準(肉)_202001.png


●牛乳乳製品と魚介類は「価格」と「鮮度」と「国産」。卵は3位が「国内産地」
「価格」の割合は、「卵」(75.6%)、「牛乳乳製品」(72.6%)、魚介類(72.6%)で大きな差は見られない。
前回調査との比較では、「鮮度」は各3ポイント程度の低下。
「国産」は、「魚介類」(33.5%→23.4%)で、10 ポイント以上の大幅低下となった。
食品購入基準(卵・乳)_202001.png


本調査は1月時点のものですので、前回調査(平成 27 年1月調査)との比較において、すべての品目で「価格」の割合が上昇したのは、消費税増税の影響があるかもしれません。

-------------------------------------------------------
食品の購入基準に関する消費者動向調査結果
(日本政策金融公庫 2020年1月調査)
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_200310a.pdf

調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査対象:全国の20歳代〜70歳代の男女2,000人(男女各1,000人)
-------------------------------------------------------

≪関連記事≫
・消費者の約8割が加工食品に対し不安。購入時、食品表示を確認
(日本政策金融公庫 平成26年7月調査)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/406690007.html

・自宅用食品購入のネット利用、50歳代が2割。「送料」以外はほぼ満足
(日本政策金融公庫 平成25年7月調査(特別設問:食品購入のネット利用))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/381782986.html


-----------------------------------------------------------
◆信頼できる商材・仕入先を選ぶためのアドバイスがほしい方へ

商材・仕入先チェックコンサルティング
http://www.fides-cd.co.jp/category/pub02/
--------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。
 登録はこちら
------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 20:16| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。