2020年03月02日

マスク高額転売終息へ?!経産省・厚労省 が要請 (「マスク、消毒液の適切な供給について)2020年2月28日)

今日のトピックはマスク高額転売問題続報です。
2月17日の記事では、マスク高額転売や買い占めに対するフリマ事業者や流通業界の対応を取り上げました

・「禁止出品物」ルールに見る CtoCプラットフォームのマスク高額転売対応

ご存知の通り、ここ2週間ほどの間に危険度が急拡大し、2月28日深夜23:30に、経産省・厚労省が要請を文書で出しました。

マスク供給.png



・ネットオークション事業者に令和2年3月14日(土)以降当分の間、マスク及び消毒液の出品の自粛を協力要請

「転売目的での買い占めを防止するとともに、既に転売目的で保有しているマスクを市場に供給するため、従来の高値取引の自粛から更に一段取り組みを進め、一定期間後オークションへの出品自体の自粛を求める」としています。

一瞬、なぜ「一定期間後」の出品自粛なのか?と疑問に思ったのですが、これによって、買い占められていたマスクが3月13日までに適正価格で放出されることを意図していると考えられます。(転売ヤーの在庫処分セール!)

もう一つはEC事業者に対する要請です。

・令和2年3月14日(土)以降の電子商取引においては、マスク及び消毒剤の適正な価格水準(従来市場での主要製品の流通価格を提示する等)を示しつつ、小ロットの商品のみの出品が可能になるよう販売事業者に要請

「電子商取引における販売単位の見直しを求め、適切な価格での小ロット化販売を推進することで、より多くの消費者の手に渡り易くする」としています。

つまり、13日までにフリマサイトで転売ヤ―に適正価格で在庫を吐き出させることで、アマゾンなどでの高額出品の購入が抑制され、14日以降は、小ロットで適正価格のマスクがネットで購入できるように持ち込もうという作戦ではないでしょうか。

ただ、懸念事項としては、後者の要請が「販売事業者」に対するものだということです。

前者の要請はネットオークション事業者に対するものなので、プラットフォームで規制をかけてしまえば、出品を止めることができます。
一方、後者の場合、アマゾンや楽天といったプラットフォーム事業者が動かなければ、法的強制力のない「要請」を無視する販売事業者を止めることができないということです。

ますます、消費者庁で進められている「デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等に関する検討会」への期待が高まります。

が、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月3日に予定していた第4回検討会は、3月30日に延期となってしまいました。
残念です。


◆マスクや消毒液の状況 〜不足を解消するために官民連携して対応中です〜
(厚生労働省・経済産業省 2020年2月28日23:30更新)
 https://www.meti.go.jp/covid-19/mask.html

◆マスク、安いと見せかけて「送料9000円」― Amazon.co.jpで“高額送料”出品が相次ぐ
(ねとらぼ 2020年2月20日)
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2002/20/news138.html

◆デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等に関する検討会(消費者庁)
 https://www.caa.go.jp/about_us/about/plans_and_status/digital_platform/


≪関連記事≫
・チケット不正転売禁止法施行とフリマ・オークションサービス事業者
http://blog.fides-cd.co.jp/article/467432825.html

・東京都サイバー薬事監視の取組(2)【フリーマーケットサイト(C to C)編】
http://blog.fides-cd.co.jp/article/464413379.html

・東京都、フリマサイト薬事監視強化。フリマサイト6社に加え、Twitter Japanと連携
(東京都福祉保健局 2019年2月)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/464455957.html


-------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの1週間分の
情報を、ダイジェストでお届けしています。
 登録はこちら
-------------------------------------------------------------

===================================
◆法令遵守チェック&コピーライティング◆
消費生活アドバイザーが、ネット通販の各種法律違反となる可能性
の高い表示・表現をチェック。顧客視点で、わかりやすく、親切で、
魅力的な広告を制作します。
http://www.fides-cd.co.jp/category/pub01/
====================================

------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------

posted by Fides at 10:35| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。