2018年12月20日

9割以上の企業が「お客様の声」を収集、十分に活用できていない約7割(日本能率協会総合研究所 「第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査」)

今回の気になるトピックは「「お客様の声」の聴取と活用」について。

最近は、様々な商品やサービスの提供場面で、お客様アンケートを求められることが多くなってきました。
職業柄、アンケート内容や方法に関心を持ってしまうのですが、「一体、このアンケートで顧客体験を正しく理解でき、CS向上に生かすことができるのだろうか?」と疑問に感じることもしばしばです。

日本能率協会総合研究所が日本企業438社を対象に実施した「第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査」によると、9割以上の企業が「お客様の声(評価)」を収集しているものの、十分に活用できていない企業が約7割という結果でした。

調査結果の一部をご紹介します。


●「お客様の声(評価)」収集・活用状況
「お客様の声(評価)」収集を「実施している」は95.7%、「実施していない」は3.9%。
「お客様の声(評価)」を収集した企業のうち、それを「十分活用している」と回答したのは33.2%。「活用しているが、不十分である」は63.3%、「活用していない」は1.2%となっています。
「お客様の声」収集状況.png


「お客様の声」を活用するためには、そもそも論として、自社のCS向上の取り組み目的を明確にする必要があります。
それぞれの企業の事業環境や事業方針によって、取り組み目的は異なってくるでしょう。

●CS向上に取り組む目的
「目立つ不満をなくす」ことを目的としている企業が約3割を占める一方、「様々な欠点を解決して、さらに評価を向上していきたい」(39.7%)といった、全方位において満足度向上を目指すケースや、「多少の欠点よりさらに伸ばすべき点に注力したい」(19.2%)という、自社の特長に注力して喜ばれることを目指すケースなど、戦略的なCSへの取り組み姿勢の企業もありました。
CS取組目的.png


また、顧客からの評価を測るための適切な指標の選択も重要です。

●CSに関する指標について
「満足度」以外の指標を併用する企業も多く、BtoC企業においては、「満足度」(77.7%)、「継続利用意向」(37.4%)、「推奨意向」(27.9%)、「感動体験の有無」(19.6%)でした。
CS指標.png


価値観の多様な消費者の評価をどのように捉え、事業改善につなげていくか、お悩みの事業者さんをフィデスではしっかりとサポートしていきたいと思います。

◆第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査
調査概要
調査名称:第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査
調査期間:2018年1月30日〜3月5日
調査方法:郵送調査とインターネット調査を併用
企画・実施:株式会社日本能率協会総合研究所


======================================
◆顧客サービス設計
商品、サービスへの顧客満足度はもとより、ネットショップならではの顧客対応の課題を洗い出し、解決のための施策提案、スタッフ教育をサポートします。
 詳しくはこちら
======================================

-------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの1週間分の
情報を、ダイジェストでお届けしています。
 登録はこちら
--------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------------------

posted by Fides at 07:51| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。