2018年07月04日

増加するネット通販トラブル、店舗販売トラブルを上回る!(平成30年版 消費者白書)

今回のトピックは「増加するネット通販トラブル」について。
先日の記事では2017年のBtoC-EC市場規と、家計におけるネットショッピングの支出状況について取り上げましたが、いずれも、ネット通販利用が拡大している状況をデータが示しています。

BtoC-EC市場規模の伸び率は9.1%で、2016年の前年比伸び率9.9%からやや鈍化したものの、ほぼ同レベルの伸び率。
また、2018年4月のネットショッピングの利用世帯の割合は37.7%で、前年同月を4.8ポイント上回りました。

利用が拡大すれば、それとセットで増えるのが「トラブル」ということで、こちらも如実にデータに表れています。

消費者庁が6月に公表した「平成30年版消費者白書」によると、2017年度のネット通販に関する相談の割合が26.0%で、店舗販売の割合25.2%を上回ったといことに、ちょっとショックを受けました。
販売購入形態別消費者相談(h29年度消費者白書).png

もちろん、ネット通販にはアダルトサイトやゲームの利用料金に関する相談(デジタルコンテンツ系)も含まれているのですが、2013年度との比較では、デジタルコンテンツ系の相談割合は9.6ポイント縮小しており、健康食品や化粧品といったいわゆる通常のネット通販に関する相談割合が6ポイント増加しているのです。
ネット通販商品・サービス別消費者相談(h29年度消費者白書).png


また、65歳以上の高齢者については、65歳未満と比べて「訪問販売」、「電話勧誘販売」の割合が大きいことが特徴ですが、ネット通販の相談が16.2%で10.2ポイント増加し、訪問販売(13.6%)や電話勧誘販売(11.1%)に関する相談割合を上回りました。

ネット通販の利用は今後さらに拡大することが予測される中、トラブルも増加していく(→規制が厳しくなる)のではないかと心配です。


◆平成29年度消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告
(消費者庁 平成30年6月12日) http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/pdf/2018_whitepaper_all.pdf


《関連記事》
・若者に多い、お試しのつもりが「定期購入」トラブル。適正表示方法をチェック!(平成29年度上半期 東京都消費生活相談)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/459678881.html

------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。
 登録はこちら
------------------------------------------------------------
======================================
◆FAQ作成・顧客対応マネージメント支援
お問合せ情報を分析し、顧客対応スクリプトや適切なFAQ構成、文章作成します。
継続的な顧客対応のクオリティを確保する、運営体制構築をサポートします。

FAQ作成・顧客対応マネージメント支援
http://www.fides-cd.co.jp/category/ser02/ /
======================================
------------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
------------------------------------------------------------
posted by Fides at 15:56| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。