2017年05月01日

消費者目線で「Amazonフレッシュ」をチェック!生鮮食品のネット購入の不安とは

アマゾンジャパンが果物・野菜などの生鮮食品を販売するプライム会員向けの新サービス「Amazonフレッシュ」を4月21日に開始しました。

日本の生鮮食品のネット販売は加工食品に比べて利用率が低い状況ですが、「Amazonフレッシュ」は果たして日本の消費者に受け入れられるのでしょうか。

「Amazonフレッシュ」の顧客サービスについて、消費者調査のデータで確認してみましょう。

《「Amazonフレッシュ」の顧客サービス概要》
・Amazonプライム会員の年間費用(3900円)とは別に、月額500円の「フレッシュ月会費」が必要。
・送料は1回配送あたり500円。注文金額が6000円以上で無料。
・最短4時間、朝8時から深夜0時まで2時間ごとに8枠の受け取り時間帯指定ができる。
・配送時に商品を受け取れなかった場合は配達員が持ち帰り、注文はキャンセル扱いになる。
・食品義務表示情報にはばらつきがあり、消費・賞味期限の記載は少ない。
・鮮度に満足できない場合の返金保証がある。(鮮度保証対象商品のみ)
・プライム会員は、30日間月会費無料で体験ができる。

まず、年会費や送料といった価格面。
消費者庁が行った食品のインターネット販売に関する消費者調査によると、食品のネット購入頻度が高い層(週1回以上)は頻度が低い層よりも、「価格」よりも、「重い荷物を運ぶのが大変」「時間節約」といった利便性を重視する傾向が見られます。
また、ネット購入頻度が高いほど生鮮食品の購入率が高くなっています。
(週1回以上:77.7%、月1〜3回:52.3%、月1回未満:34.5%)

【食品をインターネットで購⼊する理由】
(複数回答:全体・利用頻度・利用業態)
ネット食品購入_利用理由.png
【インターネット販売を利用して、よく購入する品目(生鮮食品、加工食品及び贈答用食品)】
(食品群から上位5つまで選択:全体・利用頻度・利用業態)
ネット食品購入_品目.png
つまり、ネットで日常的に食品を購入する層であれば、「Amazonフレッシュ」の会費や送料を払っても利便性を重視し、生鮮食品を購入することが予測できます。

次に、今話題の配送面。
ニールセンの食品・日用品オンラインショッピングに関する消費者調査によると、食料品のECに対する懸念として「留守中に食料品が届くこと」(55%)を上げています。
「Amazonフレッシュ」のきめ細やかな配送時間指定と不在時のキャンセルは、消費者の受取不安を払拭し、再配達も発生しません。

そして、最後に鮮度や品質。
同じくニールセンの調査によると、消費財ECに対して「オンラインで購入した商品の新鮮さや品質について懸念がある」(64%)、食料品のECに対する懸念として、「配達された食料品が注文内容と正確に一致しないこと」(57%)と回答しています。

さらに突っ込んで食料品のECで有効な戦略として、検討者(現在はオンラインで購入していないが、近い将来購入を検討する可能性がある)、トライアル(過去にオンラインで購入歴があるが最近は購入していない)の両方で、消費者の期待を満たさなかった生鮮食品に対する全額返金が、最も高い効果があるという結果になりました。
(ただし、検討者では返金のみの戦略が最も高く(54%)一方で、トライアルでは返金と次回の交換商品の提供の組み合わせが最も高い(返金のみの50%に対し、54%))。
次いで「配達後の賞味期限を明示」(検討者46%、トライアル45%)、「全ての生鮮食品の詳細情報を提供」(42%)となっています。

【各戦略が確実にオンラインで生鮮食品を購入することを後押しすると回答した人:世界平均】
生鮮食品戦略_ニールセン2017.png
「Amazonフレッシュ」の食品義務表示情報の掲載にはばらつきがありましたが、明確な品質基準を提示し、「30日間無料体験」や「鮮度返金保証」を設けることで、品質や手に取って商品を確認できない消費者の不安を解消しようとしています。

さすがAmazonさん、ターゲットを的確にとらえ、しっかりとサービス設計されていますね!

今後の生鮮食品のネット購入の拡大につなげていけるか注目です。




◆Amazonフレッシュ
 https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4477209051
 商品・産地について

◆食品のインターネット販売における情報提供の在り方に関する調査(消費者)
(消費者庁食品表示企画課 平成28年8月10日)
 http://www.caa.go.jp/foods/pdf/160810_shiryou1.pdf

◆『グローバル・コネクテッドコマース調査(食品・日用品オンラインショッピングの未来)』【日本語版】
(ニールセン(株) 2017.3.8)
http://www.nielsen.com/jp/ja/insights/reports/global-connected-commerce-report-2017-jp.html


《関連記事》
・利便性と安全性で注目の決済「Amazonログイン&ペイメント」と「Apple Pay」
http://blog.fides-cd.co.jp/article/443296319.html

・アマゾンの全品送料無料サービス終了と、消費者意識
http://blog.fides-cd.co.jp/article/437966344.html

・Amazonのシニア向け通販サイトの展開「おとなセレクトストア」
http://blog.fides-cd.co.jp/article/437965743.html

-------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの1週間分の
情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
登録はこちら
------------------------------------------------------------

======================================
◆FAQ作成・顧客対応マネージメント支援
お問合せ情報を分析し、顧客対応スクリプトや適切なFAQ構成、文章作成します。
継続的な顧客対応のクオリティを確保する、運営体制構築をサポートします。

FAQ作成・顧客対応マネージメント支援
http://www.fides-cd.co.jp/category/ser02/ /
======================================
-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449496332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック