2013年12月19日

「Google認定ショップ」プログラムの真の狙いは、購買履歴データ取得?

グーグル日本法人が12月6日、信頼できるオンラインショッピングサイトにGoogleの認定マークを表示できる「Google認定ショップ」プログラムのパイロット版サービスを開始しました。

------
「Google認定ショップ」プログラム
http://www.google.co.jp/certifiedshops/
-------

同サービスは米国で昨年からスタートしたもので、このほど日本でも同様のプログラムが開始されました。
その仕組みは、認定ショップバッジをWebサイト上に掲載することで、ユーザーが信頼性の高いオンラインショップを見分けやすくなるというもの。
また、認定ショップで買い物をして、何らかの問題が発生した場合、無料でグーグルから最大10万円の購入補償を含む問題解決サポートが受けることができます。

現時点での、認定ショップは、ストリーム社(ECカレント、イーベスト、特価COM)、ABC-MARTネット通販、プロアクティブオフィシャルサイト、UNITED ARROWS LTD. ONLINE STOREの4社6サイト。
(図はECカレントのショップ画面)ECカレント.jpg

日本のネット通販取引における様々なトラストマークが存在しますが、サービス位置づけの違いを確認しつつ、グーグルの本サービス導入の意図について考えます。


主なトラストマークと補償制度
●オンラインマーク(公益社団法人 日本通信販売協会)
http://www.jadma.org/ost/index.html
事業者が加入(有料)
認定内容:ショップサイトの特定商取引法その他関連法令の遵守
購入補償:なし

●TradeSafe
http://www.tradesafe.co.jp/
事業者が加入(有料)
認定内容:ショップサイトの特定商取引法その他関連法令の遵守
購入補償:会員によって商品の交付・提供が一切行われていない場合。10万円まで。

●「あんしんお見舞金」サービス(楽天)
http://warranty.rakuten.co.jp/product/omimaikin/
購入者が加入(有料)
購入補償:楽天市場、楽天ブックスでの購入商品が、破損もしくは盗難された場合。10万円まで。

●未着トラブルお見舞い制度(Yahoo!)
http://guide.ec.yahoo.co.jp/notice/omimai/
購入者・出品者向け(無料)
取引補償:Yahoo!バザール、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!での、商品が届かない、入金がないなどのトラブル時。50万円まで(年に1回)Tポイントで。

●「Google認定ショップ」プログラム
https://support.google.com/trustedstores/topic/1669614?hl=ja
事業者が加入、購入者が利用同意(無料)
認定内容:顧客の指定通りの商品配送、配送商品に破損がないか、顧客の問い合わせへの適切な対応。
購入補償:認定ショップで商品購入の際に、ユーザーが無料の購入補償を有効にすると、ショップとの間で発生した購入補償の対象となる問題を解決できない場合に、損害分の金額をグーグルが利用者に支払う。補償額は利用者1人につき通算で10万円まで。
購入補償の対象:
・注文と異なる商品が届いた。
・商品の状態が説明と違っている。
・請求金額が間違っている。
・発送が遅い。
・ショップがポリシーに従って返品に応じない。
google認定ショップ.png


グーグルは本プログラムで、通販サイトで買い物をする際の安心感を高めて利用者を増やし、ネット広告の収入増につなげるとしていますが、意図は果たしてそれだけでしょうか。

パイロット版サービスということもあり、Google 認定ショップに参加するための要件は公表されていませんが、報道では以下のように報じられています。
・ 審査を希望する通販サイトは、配送実績や顧客対応のデータをグーグルに提供する。
・ あわせて、匿名の購買履歴データをグーグルが自動取得するプログラムを、サイトに埋め込む必要がある。
・ グーグルはサイトから提供された実績データと自動取得した購買履歴データを照合して、通販サイトの自己申告内容を検証する。

また、ユーザーは購入時に本プログラムへの参加に同意することによって、個人を特定された購買履歴データをグーグルに渡すことになります。

他のトラストマークや補償制度では、購買履歴データを取得するものはありません。
パーソナルデータ取得とその活用に積極的なグーグルが、ユーザーと事業者への便益を表に出しながら、巧妙に購買履歴データを取得しようとしているようにも思われます。


≪関連記事≫
・消費者に信頼されるパーソナルデータ取得手法とは
http://blog.fides-cd.co.jp/article/361692378.html

・遅れる日本企業のパーソナルデータ活用。経済産業省が指針を発表
http://blog.fides-cd.co.jp/article/361406131.html

・ Yahoo!新メール広告、総務省が「許容範囲にあるとの結論に至った」4つのポイント
http://blog.fides-cd.co.jp/article/295542725.html

・行動ターゲティング広告の普及、発展には利用者理解・支持が必要条件
http://blog.fides-cd.co.jp/article/293542138.html

------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
 登録はこちら
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
◆ランディングページ改善サービスの決定版!
1ヶ月でCVR(購入率)300%アップの実績。
ユーザーアンケートで導き出す、顧客の心に刺さる広告ページ改善の処方箋。
ネット通販ランディングページの法令遵守とコンバーション最大化へ。
顧客目線×プロ目線
http://www.fides-cd.co.jp/category/ser06/
------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック