2012年02月27日

食中毒のリスク等、生食用食肉の表示基準に不適合施設は全体で92.6%

2011年4月に「焼肉酒屋えびす」の複数のグループ店舗で、腸管出血性大腸菌O−157及びO−111による集団食中毒事件を受けて、その再発防止のため、2011年10月1日より生食用食肉の規格基準及び表示基準が施行されました。

その後、この表示規準はどの程度、遵守されるようになっているのでしょうか。

消費者庁では、2011年9月22日〜12月31日の期間において、都道府県等における生食用食肉の表示基準に係る監視指導を行い、今年2月に結果を取りまとめて発表しています。(※1)

●表示基準に不適合施設は全体で92.6%、食肉販売業においては95.1%
食肉生食表示適合状況.png
※2回クリックすると拡大します。

表示事項ごとの適合状況では、生食用食肉(容器包装に入れられたもの)を販売する施設において、 最も適合割合が高い表示でも「生食用である旨」の22.6%に留まります。
「一般的に食肉の生食は食中毒のリスクがある旨」「子供、高齢者その他食中毒に対する抵抗力の弱い者は食肉の生食を控えるべき旨」 の表示では、適合割合は1割を切っています。
食肉生食表示適合状況_表示事項.png
※2回クリックすると拡大します。

今回の監視指導で不適合となった施設に対しては、都道府県等から、生食用食肉の提供の中止等について指導が行われています。(つまり、ほとんどの施設が生食用食肉提供を中止したことになります)

生食用牛レバーにおいても、食中毒による死亡事故は報告されていないものの、腸管出血性大腸菌O−157の検出は報告されており、制度上の取扱いが決まるまでの間、関係事業者に対して生食用として提供しないよう指導が行われています。(※2)

表示規準が施行されて4ヶ月、その周知徹底には程遠い状況であることが分かります。正しい表示を行わない場合は取り扱い中止となり、表示を改めるまでは再開することはできません。
リスク表示をすることは、直接、売上に響くと躊躇しがちかもしれません。しかし、他の事業者が対応していないからといって、免れられるものではなく、消費者への正しい情報提供に努めて欲しいと思います。

(※1)
生食用食肉の表示基準に係る監視指導結果について
(平成24年2月3日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin783.pdf

(※2)
生食用牛レバーの取扱いについて(平成23年12月20日 厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/2r9852000001bbdz-att/2r9852000001yr58.pdf

≪参考記事≫
・牛の生食用食肉販売では、消費者への注意喚起の表示を!(食品衛生法改正)

次回のCS情報局の更新は、2月29日(水)です。

======================================
◆法令遵守チェック&コピーライティング◆
消費生活アドバイザーが、ネット通販の各種法律違反となる可能性
の高い表示・表現をチェック。顧客視点で、わかりやすく、親切で、
魅力的な広告を制作します。
http://www.fides-cd.co.jp/category/pub01/
======================================

------------------------------------------------------------
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
「ネットショップ おもてなし作法」として、本ブログの
1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
 登録はこちら
------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック