2011年03月04日

消費者庁の視点!ダイエット食品の不適正広告表現。

先日、消費者庁が実施した「インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視」
で対象となった広告表現(※1)について、違反のおそれがあるとされたポイントを、事例
を交えながら詳しく解説していきます。

今回の監視で取り上げられた検索キーワードは、ダイエット食品等についての「最高」「絶
対」「究極」等の強調表現、「特許取得」等の行政機関等による許認可等の表現などでした。

食品において、その商品や効能効果について誇大・虚偽などの不適正表示は、以下の3つ
の法律の規制を受けます。(※2)
健康増進法「事実に相違すること又は人を誤認させる表示」
景品表示法「実際のものよりも著しく優良であると示す、又は事実に相違して競争
      関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示す、優良誤認表示」
特定商取引法「著しく事実に相違する表示をし、又は実際のものよりも著しく優良で
       あると人を誤認させるような表示」(インターネット販売の場合)

違反がどの法律での処分となるかは、事案の内容、違法行為の立証の程度、違法行為の消
費者に与える影響により考慮されます。

●最上級表現を用いた効能効果等の表現はNG!
(不適正表示例)
・これなら絶対痩せる!!
・美白・美肌に絶大な効果があります。
健康の保持増進効果は、個々人の健康状態や生活習慣など多くの要因によっても異なりま
すので、絶対的な効果を発揮することなどを立証することはできません。よって不適正表
示とみなされます。
最上級表現には、他に「最高」「最高級」「日本一」「抜群」「無類」などがあります。

●行政機関等の許認可等の表現は正確に!
(不適正表示例1:実在しない認証制度等を記載)
厚生労働省認可の痩身特許成分配合!
上記は、実在しない許認可制度です。
あたかも、その健康食品の痩身効果が行政機関の認証等を受けたものと認識させ、その効
果を行政機関等が確認していると誤認させます。
よって不適正表示とみなされます。

(不適正表示例2:本来の制度等の趣旨とは異なる趣旨の表示)
・主成分の○○○には、△△△の効果があると言われており、厚生省告示第120号でも
告示
されています。
食品関係の告示で「厚生省告示第120号」とは、使用可能な天然添加物の名称を記載した
ものです。健康保持増進効果等とは関係ありません。消費者は厚生労働省が所管する法令
や通知等をすべて正確に理解していると言えません。事例は、本来の制度等の趣旨とは異
なる趣旨により表示されており、厚生労働省がこの告示により食品に効果があることを認
証等したと、誤認されるおそれがあります。
よって不適正表示とみなされます。

他にも、実在しない認定機関等の表示や推薦なども不適正表示となります。

●痩身などの効果についての虚偽表現はもちろんNG!
(不適正表示例)
・体内に溜め込んだ毒素、油便、宿便を爪ではぎ取るように出し尽くします。
・新成分○○○の力で…余分な脂肪が胸に移動する。
痩身などの効果が実証されていない、または、客観的根拠が不十分であるにもかかわらず、
効果を期待させるような表現も、不適正表示とみなされます。

また、上記の表示例のように、健康食品の痩身・豊胸効果などについて医薬品的な効能効
果を標ぼうすることは、薬事法でも禁止されています。この規制については、次回、詳し
くご説明します。

(※1)
ネットショップ ダイエット食品誇大広告の監視結果公表(消費者庁)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/188586284.html

(※2)健康食品の不適正広告に対する取締り
・健康増進法にて適正化要請
 インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(2011.2.28.消費者庁)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin517.pdf

・景品表示法にて改善指導
 健康食品の不適正な表示・広告にご注意! 平成21年度健康食品試買調査結果
 (2010.3.30 東京都)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2010/03/60k3u300.htm

・特定商取引法にて業務停止命令
 通信販売業者に業務停止命令(3か月)及び改善勧告を実施
 (2010.12.21 埼玉県)
http://prosv.pref.saitama.lg.jp/cgi-bin/scripts/news/news.cgi?mode=ref&yy=2010&mm=12&seq=111

≪参考サイト≫
食品として販売に供する物に関して行う健康保持増進効果等に関する虚偽誇大広告等の
禁止及び広告等適正化のための監視指導等に関する指針(ガイドライン)に係る留意事項
について
(食安基発第0829001号 食安監発第0829005号 平成15年8月29日 厚生労働省
医薬食品局食品安全部)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin353.pdf

次回のCS情報局の更新は、3月7日(月)です。

-------------------------------------------------------
◆ショップサイトの表示が法令違反をしていないか気になる方、
ネット通販関連の法律をもっと詳しく知りたい方へ 

ネットショップ法律違反チェック(無料)
http://www.fides-cd.co.jp/category/pub01-01/


◆法に抵触せず、「売れる!」商品説明がしたい方!

法令遵守コピーライティング
http://www.fides-cd.co.jp/category/pub01/
--------------------------------------------------------

-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック