2010年12月22日

ネットショップ 健康食品誇大広告の監視結果公表(消費者庁)

12月1日の「消費者庁の健康食品誇大広告の事業者名公表」の報道(※1)に関する続報
です。
今年6月から8月に行われた健康食品の虚偽・誇大等表示の監視により、違反のおそれの
ある表示を行っていた175事業者(302商品)に対して表示の適正化要請を行い、改善が見
られなかった広告について、12月末までに、その「商品数」「事業者数」「適正化を要請し
た広告事例」を公表するとしていたものです。

-----
インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視結果
(2010.12.20.消費者庁)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin463.pdf
-----
結果は、175事業者302商品全ての表示に改善措置(健康増進効果等の表現の
削除等)が取られたことを確認した、と報告されています。


消費者庁による健康食品の虚偽・誇大表示のインターネット監視は今回で2回目。
前回は、平成21年6月から8月に行われ、320事業者547商品に対して改善要請がなされ
ました。(※2)

前回と今回の監視において、消費者庁の取り組み姿勢に変化が見られている点に注目しま
した。

●ショッピングモール事業者への改善要請だけでなく、事業者への直接指導へ
前回は「ショッピングモール事業者を通じての改善要請」のみでしたが、今回は、それに
加え、直ちに改善が見られなかった事業者には「直接指導」を行っています。これまでよ
りも一歩踏み込んだ対応です。この監視は、来年度以降、回数も専従職員も増す予定です。
健康食品の虚偽・誇大な広告に対する監視は、今後ますます強化されそうです。

●監視報告に留まらず、監視結果が公表された
前回は改善要請を行ったことのみ公表され、結果については明らかにされませんでした。
消費者庁に確認したところ、上記公表の際、消費者庁には、消費者や事業者、また報道関
係者などから結果についての問い合わせが多く寄せられたそうです。(前回監視においても
違反のおそれのある表示全てにおいて、改善措置がとられたとのこと)
そこで、今回は監視結果を公表、適正化要請の結果や問題となった表示事例が報告されて
います。
これは、消費者庁の取り組みが、各方面から注目されており、またそれに対して積極的に
情報公開していく姿勢の現われだと思います。

社会に対して、透明性を重視した消費者庁。
今後もネットショップに関連する消費者庁の動きから目が離せません。


(※1)誤認を与える「消費者庁の健康食品誇大広告の事業者名公表」の報道
http://blog.fides-cd.co.jp/article/171527615.html

(※2)消費者庁 健康食品違反広告 320事業者一斉指導!
http://blog.fides-cd.co.jp/article/143185956.html

-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック