2010年09月16日

JADMA会員2010年7月売上高 総売上高は今年度初めてプラスに!「雑貨(化粧品以外)」大幅プラス。「食料品」も堅調。

社団法人日本通信販売協会(JADMA)から、2010年7月度の売上高調査結果が公表
されました。

【平成22年7月1日〜7月31日までの売上高】
---------------
JADMA調査07.bmp
※ピンクの商品分野は、前年同期比の伸び率が、3カ月連続してプラス
 ブルーの商品分野は、前年同期比の伸び率が、3カ月連続してマイナス

2010年7月度の通信販売売上高について (社団法人日本通信販売協会(JADMA))
調査対象:JADMA会員507社のうち、協会の理事社・監事社を含む133社。
なお、調査対象社の2009年度総売上高は、通信販売による総売上高の4割弱。
http://www.jadma.org/data/index.html
---------------

2010年7月度の総売上高(133社)は1199億8700万円で、前年同期比2.0%と、伸び率が
今年度初めてプラスとなりました。

商品分野別に見ると、伸び率がプラスなのは、化粧品以外の「雑貨」、「食料品」です。
「雑貨(文具・事務用品・化粧品以外)」は、3ヶ月連続伸び率がプラスで、当月伸び率12.2%
と、先月度1.4%から大幅に伸び、また、「雑貨(文具・事務用品)」は、当月伸び率7.3%
と、先月度-2.4%から大きくプラスに転じました。
「食料品」は、健康食品も、それ以外の食料品も、ともに3カ月連続して伸び率がプラス
となっています。

一方、伸び率がマイナスの商品分野は、「家庭用品」「通信教育・サービス」「衣料品」
「雑貨(化粧品)」です。
「雑貨(化粧品)」は、先月度2.2%から当月伸び率-1.2%と、マイナスに転じました。
「通信教育・サービス」は伸び率マイナスながら、先月度より15.7ポイントも減少幅が
回復しています。
また、「衣料品」「家庭用品」「通信教育・サービス」は、3カ月連続して伸び率がマイナス
となっています。

総売上高がプラスに転じた中、商品分野によって、伸び率に2極化がみられるのが気に
なります。


≪過去記事≫
JADMA会員2010年6月売上高 総売上高はマイナス1.3%。
「健康食品」は堅調!「通信教育・サービス」「家庭用品」は苦戦続く。

http://blog.fides-cd.co.jp/article/159810970.html

--------------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
 ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
--------------------------------------------------------


posted by Fides at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック