2010年06月22日

医薬品のネット通販規制見直しが見送りに!

6月3日のブログで、薬事法のネット通販規制の見直しが、行政刷新会議で検討されている
ことをご紹介(※1)しましたが、見直しは秋以降に持ち越しとなったようです。
----------
【行政刷新会議】保険外併用療法の範囲拡大へ‐一般薬ネット販売は秋に持ち越し
(2010.6.16 薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry19589.html
----------
内閣府は、行政刷新会議で検討された一般医薬品(大衆薬)のインターネット販売規制の
見直しについて、厚生労働省と調整を行ってきました。しかし、「対面販売の原則」を主
張する厚労省との折衝は合意に至らず、今回は見送られることになりました。

一方、上記発表から3日後、厚労省より、以下のような調査結果が発表されました。
---------
一般用医薬品販売制度定着状況調査(平成21年度調査結果)(2010.6.18 厚生労働省) 
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/pdf/hanbai_h21.pdf
---------
この調査は、改正薬事法(一般用医薬品販売制度(※2))が、実際の販売現場で、どの程
度遵守されているかを確認するため、今年の1月〜3月、全国3991店の薬局等を対象に覆面
調査で行われました。
(覆面調査:調査員が一般消費者を装い店舗状況や従事者の対応等を調査)

販売制度では、消費者の安全を確保するため、リスクが最も高い第1類薬を販売する際は、
薬剤師が、医薬品の効果や副作用などを記した文書を用いて購入者に説明することを
義務付けています。
また、情報提供者が薬剤師であることがはっきり分かるよう、名札
の着用も義務付けられています。

第1類医薬品の購入時の対応状況についての調査結果は次の通りでした。
≪第1類医薬品購入時の説明の有無 (N=1949)≫
購入前に文書を用いて詳細な説明があった・・・・・ 50.5%
購入前に文書を渡されたが詳細な説明はなかった・・・7.1%
購入前に口頭のみでの説明があった・・・・・・・・ 22.5%
購入前には説明自体がなかった・・・・・・・・・・ 19.8%

購入時の説明については、約半数の薬局等しか説明義務についての規制を遵守していなか
ったという結果です。

≪第1類医薬品購入時の情報提供者 (N=1949)≫ ※情報提供者の名札より判断
薬剤師・・・・・・・・・70.4%
登録販売者(※3)・・・・3.3%
一般従事者(名前のみ)・・・2.9%
名札未着用もしくは見えなかったなど
(薬剤師、登録販売者、一般従事者のいずれであったのか確認できなかった)・・・23.4%

購入時の情報提供者については、規制通りに「薬剤師」が行ったのは70.4%。説明義務に
比べると遵守率は高いですが、それでも7割止まりです。

今回の法改正の主眼は、対面販売により、消費者の安全性を担保することにありました。
改正薬事法施行から8〜10カ月時点での調査であるとはいえ、まだまだ医薬品の販売現場
に定着したとはいいがたい状況といえます。
有資格者による詳細説明がなければ、店舗での対面販売も、インターネットによる通信販
売も、消費者にとっては同程度の安全性となるでしょう。

ネット通販規制について、行政刷新担当相は、秋に行政刷新会議の第2弾を予定しており、
引き続き検討する意向を示しています。今後の検討において、今回の調査結果がどのよう
な影響を及ぼすのかも含め、これからも動向を追っていきたいと思います。

(※1)薬事法 通販規制見直し!? (2010.6.3 CS情報局)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/152072216.html

(※2)一般用医薬品販売制度
消費者が、自分にあった一般医薬品を安心して購入し、使ってもらうために、医薬品のリ
スクの程度に応じて専門家がアドバイスするなど、次のような販売制度改正が、平成21年
6月1日から施行されました。
≪参考サイト≫
医薬品の新販売制度がスタート!!薬の売り方・買い方が変わります(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/?PHPSESSID=a5dcda4f308129344623805923cf36d6

(※3)登録販売者
都道府県知事の行う、一般用医薬品の販売に必要な資質確認の試験に合格し、登録を受け
た専門家。

-------------------------------------------------
fidesロゴ2.jpg  ネットショップの信頼性をカタチにします
  ECコミュニケーションデザイン フィデス
         http://www.fides-cd.co.jp

        *このサイトのご利用に際して
-------------------------------------------------
posted by Fides at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
登録販売者試験は国が消費者より業界の利益のために試験のレベル・難易度を極端に下げて
しまった「インチキ試験」と言われていて、そのため受験者から「試験が簡単すぎる」と裁判で
訴えられたり、質の悪い資格者が誕生して消費者が被害を受けたりする例が各地で多発して
います。
http://www.drugmagazine.co.jp/cgi-bin/news/usrNewsView.cgi?10723

しかし登録販売者さん達も被害者だったようで、試験がカンタンだった事を小売事業者側に
付け込まれて最低賃金程度の時給や生活保護世帯の所得以下の10万前後もしくは10万円を
切る給与でコキ使われているようです。
http://www.zagzag.co.jp/mobile/kyu-jin/97.html
http://www.jobstock.jp/job/1781517.htm
Posted by こじろう at 2010年06月25日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック