2020年12月12日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は35,092円。前年同月比37.9%プラス(総務省家計調査 2020年10月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2020年(令和2年)10月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2020年10月の一世帯当たりのネットショッピングの平均支出額は17,876円で、前年同月比37.9%プラスと大幅に増加しました。
これは、10月の支出額そのものが調査開始以来過去最高の支出額だった2019年12月の17,459円を上回り、また、前年同月である2019年10月の支出が9月の消費税増税の駆け込み需要の反動により抑えられたことによるものと考えられます。

支出品目においては、新型コロナウィルス感染症拡大による外出自粛等の影響で大幅に減少していた旅行関係費とチケットのマイナス幅が減少し、回復傾向となっています。

ネットショッピング利用世帯の支出額については35,092円で、前年同月比は13.9%増となり、9月の−11.5%からプラスに転じました。

ネットショッピングの利用世帯の割合は50.9%で、前年同月の42.1%から大きく上回りましたが、5月以降横ばいとなっています。

調査より、以下のデータを確認します。

●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 11:12| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする