2020年02月10日

強まる「定期購入」契約に関する監視の目。適格消費者団体、行政の動向

昨年の暮れから年をまたいで、「定期購入」契約に関する特定商取引法違反処分が相次いでいます。
電話勧誘販売で2件、通信販売で3件と立て続けに出さています。

「定期購入」契約に関する監視の目は、行政処分に先立って適格消費者団体による差止請求が活発に行われてきました。

・和解に1年、ラッシャーマンの差止請求訴訟。続く、健康食品「通販定期購入」に対する適格消費者団体の差止請求
 http://blog.fides-cd.co.jp/article/463022280.html

今年に入ってからの動きとして注目されるのは、消費者機構日本の(株)tattvaに対する申し入れ活動終了と、ネットワーク東海のファビウス(株)(旧メディアハーツ)に対する差止請求訴訟の棄却です。

続きを読む
posted by Fides at 08:42| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする