2020年01月31日

全国初、公示送達による特商法での業務停止命令 パソコン修理通販オルネスホールディング(株)

東京都は、2019年12月26日、パソコン修理の通信販売事業者のオルネスホールディング(株)(屋号:TOKYO修理、東京修理、とうきょう修理)と同社の代表取締役に対し、特定商取引法違反で9カ月間の業務停止命令と違反行為の是正等が指示を行いました。
また、業務停止命令と併せて、東京都消費生活条例、同条例施行規則に違反する不適正な取引行為についての情報提供もなされています。

今回の業務停止命令は「公示送達(※)」によるもので、2016年の特定商取引法改正により公示送達の規定が導入されてから行う業務停止・業務禁止命令処分としては全国初の事例となっています。
東京都の公表資料によると、「調査過程で、事業者は事務所の閉鎖等を行い、電話や郵便等の連絡に一切応じなくなった」とされています。

(※)公示送達
違反事業者のホームページに住所の記載がない場合など、所在不明で処分書が送付できない場合、処分書を交付する旨を一定期間掲示することで事業者に交付されたものとみなす処分。

違反の内容は、「表示義務違反」、「誇大広告」、「承諾等の非通知」、「債務履行の不当遅延」、「申込みの内容を容易に確認及び訂正できるようにしていない」等です。

処分の内容を確認します。

--------------------------------------------------------------------
悪質なパソコン修理事業者に9か月の業務停止命令
公示送達による特定商取引法の業務停止・禁止命令は全国初
(東京都 2019年12月26日)
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/12/26/12.html
--------------------------------------------------------------------

続きを読む
posted by Fides at 19:59| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

割賦販売法や資金決済法の適用外「後払い決済サービス」と通販定期購入トラブル

化粧品や健康食品での通販定期購入トラブル対策に向けた、行政からの働きかけが活発です。今回は、国民生活センターが決済サービスの側面からの課題を指摘しています。

国センが今月23日に公表した調査によると、「立替払い型の後払い決済サービス」が通販定期購入トラブルによる消費者の経済的被害を助長していることが分かりました。

「立替払い型の後払い決済サービス(以下、「後払い決済」)」とは、後払い決済事業者が販売店(後払い決済事業者の加盟店)へ商品代金を立替払いします。
消費者が購入商品を受け取った後、後払い決済事業者から消費者に請求書が送付され、消費者がコンビニや銀行等から後払い決済事業者へ代金を支払うというもの。
後払い決済流れ.png

(国民生活センター公表資料より引用)


後払い決済は、クレジットカード情報の入力不要なことや、商品受け取り後に支払いできるため、安心なイメージがあります。

ところが、国センに寄せられた「立替払い型の後払い決済サービス」が関連する相談は年々増加傾向にあり、2014年度から886件の相談が寄せられ、2019年度の相談件数は2018年度の同時期の約3倍になっています。そして、その相談内容において、「お試し」定期購入に関する相談が多くなっているのです。
後払い決済相談.png

(国民生活センター公表資料より引用)

続きを読む
posted by Fides at 13:18| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額33,282円。消費税増税前駆け込み需要の反動、緩やかに回復傾向に(総務省家計調査 2019年11月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2019年11月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2019年11月のネットショッピングの支出額は14,335円で、前月10月の12,967円から1,368円プラスとなり、前年同月比が4.2%で10月の0%からプラスとなりました。

ネットショッピング利用世帯の支出額については33,282円で、前月10月の30,819円から2,463円プラスとなり、前年同月比は1.1%で10月の−2.5%からプラスとなりました。

ネットショッピングの利用世帯の割合は43.1%で前年同月を1.3ポイント上回り、9月水準に回復しました。

消費税増税前の9月の駆け込み需要の反動が、緩やかに回復傾向にあります。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 09:49| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする