2019年09月05日

平成30年度ネット広告(年間24,000件)監視 292通販事業者に改善指導!(東京都)

東京都は、7月30日、平成30年度実施したインターネット広告監視の結果を公表しました。(※1)
この監視は平成21年度から実施されており、インターネット通販サイトの広告・表示について年間を通し継続的に調査しています。
景品表示法に違反するおそれのある不当表示の修正・削除等を、通販事業者に対し改善指導等を行っています。

● 不当表示改善指導件数は318件、指導事業者数は292事業者
改善指導件数が今回は318件(292事業者)(前年度354件(338事業者))で、前年度に比べて指導件数は32件減、事業者数は46事業者減となりました。
表示内容の内訳では、「優良誤認」は294件(前年度326件)で32件減、「有利誤認」は89件(前年度84件)で5件増、「過大な景品類の提供」が5件(前年度7件)で2件減となりました。

【インターネット広告監視結果(件数)】

東京都ネット監視指導件数 (30年度).png
※複数の内容に違反する広告・表示があるため、内訳は指導件数の合計とは、一致しない。

続きを読む
posted by Fides at 09:13| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする