2019年04月26日

ロイヤルダイニングの牛肉料理メニューに景表法措置命令。黒毛和牛表示、実際は外国産牛

消費者庁は4月16日、東京都国分寺市に本店を置く飲食業(株)ロイヤルダイニングに対し、同社が提供している料理のメニュー表示について、景品表示法の措置命令を行いました。

同社が展開する沖縄県や東京都の焼き肉レストランで、タンやハラミなどがあたかも黒毛和牛を使用しているかのように表示をしていましたが、実際は外国産牛のものを使用しており、優良誤認表示とみなされました。

----------
株式会社ロイヤルダイニングに対する景品表示法に基づく措置命令について
(平成31年4月16日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/release/2019/pdf/fair_labeling_190416_0001.pdf
----------

消費者庁及び内閣府沖縄総合事務局の調査による事案です。
内容を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 11:21| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

イオンペット、トリミング・ホテルサービスの表示に景表法措置命令。イオングループの処分続く

4月3日、消費者庁は大阪市のイオンペット(株)に対し、同社が供給するペットのトリミングサービス及びホテルサービスの表示について、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。

トリミングサービスでは「炭酸泉シャワーを使用」と表記しながら、全く又は一定の割合で炭酸泉を使用しておらず、ホテルサービスでは「お散歩朝夕2回」と表示しながら、全く又は一定の割合で屋外で散歩していませんでした。

----------
イオンペット株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成31年4月3日)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/release/2019/pdf/fair_labeling_190403_0001.pdf
---------

続きを読む
posted by Fides at 10:47| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

「規約を一方的に変更された」出店者、楽天市場で93%、アマゾンで73%、ヤフーで50%(公正取引委員会 平成31年4月)

拡大と変化を続ける消費者向けeコマース市場について、適正な市場競争を阻害する事象が懸念されています。

eコマースの発展は、小売市場の競争を促進し、消費者に利益をもたらす一方で、事業者が競争事業者や取引先事業者の行動を把握しやすくなることにより、競争制限的な行為が行われやすくなる環境にもなっています。

昨今、大手オンラインモール運営業者であるアマゾンや楽天が出店者に対し、「価格・品揃えを他のオンラインモールと同等又は優位にすること」や、出品者に不利益となるポイントサービス利用規約変更を行うなど、独占禁止法違反が疑われる事案が報じられています。

公正取引委員会では、取引における公正かつ自由な競争を促進していく観点から、消費者向けeコマースに関する独占禁止法上問題となる行為についての考え方を明らかにし、違反行為の未然防止を図るべく、取引状況について情報収集を行っています。


続きを読む
posted by Fides at 12:53| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする