2019年02月15日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は38,019円(総務省家計調査 2018年12月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2018年(平成30年)12月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2018年12月のネットショッピングの支出額は16,871円で、前年同月を29.9%と大きく上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は44.4%で、前年同月を6.2ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については38,019円で、前年同月比は12.0 %プラスで、こちらも大きく増加しました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 15:04| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

消費者庁 健康食品広告ネット監視 30年度第3四半期は78事業者(83商品)の表示に改善要請

平成21年度より継続実施されている、消費者庁による健康食品等の虚偽・誇大表示のインターネット監視。
平成30年10月〜12月の結果が平成31年2月1日に公表されました。

ネット監視の方法は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認するというもの。

今回の監視では78事業者(83商品)の表示について、健康増進法に違反するおそれのある文言等を含む表示があったとして、消費者庁がこれらの事業者に対し、表示の適正化を求めるとともに、ショッピングモール運営事業者へも協力を要請しています。

健康食品ネット監視_件数_30年10-30年12.png
-----
インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(平成30年10月〜平成30年12月)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/pdf/extravagant_advertisement_190201_0001.pdf
-----

続きを読む
posted by Fides at 10:08| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

「口コミ・インフルエンサーマーケティング」に求められるコンプライアンスとは

これまで4回にわたって、消費者庁が「第30回インターネット消費者取引連絡会」で公表したアンケート調査から、一般消費者による「口コミ」や「レビュー」、SNSやブログなどで多くのフォロワーを持つ「インフルエンサー」に対する消費者の利用状況やトラブル、それに対する事業者の消費者保護の取組および関連法規について確認しました。

・消費者庁も注目!口コミ・インフルエンサーマーケティングの消費行動への影響(1)
【口コミ編】(第30回インターネット消費者取引連絡会(平成30年9月))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/463919537.html

・消費者庁も注目!口コミ・インフルエンサーマーケティングの消費行動への影響(2)
【インフルエンサー編】(第30回インターネット消費者取引連絡会(平成30年9月))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/463930095.html

・消費者庁も注目!口コミ・インフルエンサーマーケティングの消費行動への影響(3)
【トラブル&自主規制編】(第30回インターネット消費者取引連絡会(平成30年9月))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/464023217.html

・消費者庁も注目!口コミ・インフルエンサーマーケティングの消費行動への影響(4)【法規制編】(第30回インターネット消費者取引連絡会(平成30年9月))
http://blog.fides-cd.co.jp/article/464070472.html

口コミもインフルエンサーも、企業が直接発信する広告とは異なり、第三者による情報として消費者の支持を得ており、その消費行動にも大きな影響を及ぼしています。

ただし、商品・サービスを提供する事業者のサイトのレビューや、さくら投稿、広告主から報酬を得て情報発信するインフルエンサーや、アフィリエイターの投稿内容は「広告」ですので、その内容が虚偽誇大なものは当然違法なものとなります。

続きを読む
posted by Fides at 10:43| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする