2018年12月15日

食品販売の「通販・宅配」シェア8%。高まる食品企業のEC取組意向と物流課題 (日本政策金融公庫 平成30年7月食品産業動向調査)

ここ1〜2年の間、大手ITプラットフォームと小売りが連携して食品ECへ参入する動きが活発です。2017年にアマゾンが生鮮EC「Amazonフレッシュ」を開始し、2018年10月には楽天が西友と提携し「楽天西友ネットスーパー」をオープン。また、7月には料理レシピサービス「クックパッド」などを提供するクックパッドが、生鮮食品のECサービス「クックパッドマート」を発表しています。

「Amazonフレッシュ」、東京の一部地域でサービス開始
https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20170421

楽天と西友、「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープン
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/1025_01.html

クックパッド、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」発表!
2018年夏に東京の一部地域よりサービス提供開始
https://info.cookpad.com/pr/news/press_2018_0710

ITプラットフォーム系企業の動きも気になりますが、今回は、既存の食品関係企業のECへの取組み状況について確認してみます。

続きを読む
posted by Fides at 14:04| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする