2018年09月28日

健康食品、化粧品の通販「定期購入」苦情増加。特定企業に集中傾向 (JADMA 2017年度消費者相談件数)

(公社)日本通信販売協会の消費者相談室「通販110番」に寄せられた、2017年度の消費者相談件数(速報値)とその概要が発表されています。
前年度に増加した「詐欺的サイト」関連相談が大幅に減少、「通信販売に関する相談」は2割程度減少しています。「健康食品」「化粧品」での定期購入トラブル相談は、依然として多い状況となっています。

相談状況の、広告媒体別、苦情・問い合わせ内容、商品別の傾向についてご紹介します。

-----
(社)日本通信販売協会 会報誌(ジャドマニューズ2018年5−6月)
https://saas.startialab.com/acti_books/1045176281/53970/
-----

●「詐欺的サイト」相談、沈静化
「通信販売に関する相談」は4,769件で、前年度の5,958件から20.0%の減少となった。 
その要因は、「詐欺的サイト」関連相談が、前年度の1,685件から42.3%減少し、973件となったことによる。
相談者の内訳は消費生活センター等からの相談が729件で15.3%、消費者からが84.7%。
一方、「通信販売以外に関する相談」は前年度の139件から27.3%増加し、177件となった。そのうち「外資系大手通販企業に未払金がある」など、架空請求と思われる相談は64件。
消費者相談件数(JADMA2017).png

続きを読む
posted by Fides at 19:58| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする