2018年09月27日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は33,312円 (総務省家計調査 2018年7月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2018年(平成30年)7月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2018年7月のネットショッピングの支出額は13,186円で、前年同月を20.4%上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は39.6%で、前年同月を4.7ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については33,312円で、前年同月比は6.1%プラスとなりました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 16:50| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景表法措置命令と消費者からの情報提供

今回のトピックは「景表法措置命令と消費者からの情報提供」について。

野田総務相がふるさと納税の制度見直しを表明したことから、返礼品規制が話題となっていますね。

最近では、気に入った返礼品をいつでも購入することができるEC機能を持つふるさと納税サイトも登場するなど、消費者にとっては納税(寄付)というより通販感覚のほうが近いのかもしれません。

このように一般消費者にポピュラーになったふるさと納税ですが、先日の記事で取り上げた「恒づね」の和牛表示の措置命令も、端緒は大阪府枚方市のふるさと納税の返礼品として、同商品を食べた寄付者からのクレームでした。

「おいしくない。A5ではないのではないか」と市に指摘があり調査したところ、A4ランクだったことが発覚した、というものです。

続きを読む
posted by Fides at 15:53| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする