2018年09月16日

4年目に入った機能性表示食品制度品質管理の課題とは(2)。届出後の分析実施状況(アンケート調査編)

『平成29年度機能性表示食品の届出後における分析実施状況及び健康被害の情報収集等に関する調査・検証事業報告書』より、前回は届出食品が「継続して一定の品質を確保し製造・生産されている」ことを示す「届出資料別紙様式(V)−3の記載内容」を確認しました。
今回は届出者を対象としたアンケート調査による、「届出後の分析実施状況」について取り上げます。

【アンケート調査結果】
機能性表示食品(平成29 年9月30 日までに届け出られた1,124 件(撤回されたものを除く。))に対して郵送。
回答した事業者数は250件(72.3%)、回答のあった届出食品は953件(84.8%)であった。

●届出者の企業規模(事業者数ベースで集計)
・中小企業者が56.0%で最多、大企業が31.2%、小規模企業者が12.4%だった。

●届出食品の販売実績(届出食品数ベースで集計)
・販売中は61.1%、販売終了が7.9%、販売実績なしが30.3%だった。


続きを読む
posted by Fides at 12:44| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする