2018年08月27日

特定適格消費者団体が、景表法の返金措置を後押し。「葛の花」15社への、特定適格消費者団体の返金申し入れ

今回のトピックは、「景表法の課徴金制度と返金対応」について。

以前の記事にてお伝えしましたが、今年の3月に特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(=KC's)が措置命令を受けた「葛の花由来イソフラボン」を含む機能性表示食品の販売企業15社(※)に対し、以下の申し入れを行いました。

1)購入者に返金に応じることを個別に通知すること
2)消費者が希望する場合は返金等を行うこと
3)当団体に対して返金の実施状況を定期的に報告すること 等。


措置命令を受けた16社のうち、(株)ニッセンは、全購入者に対して不当表示の事実を通知するとともに、購入額の全額返金を実施していたことから申入れの対象から除外された。

その続報で、8月9日にKC'sが経過を公表しました。
15社のうち、11社はKC'sからの1)〜3)の要請に全面的に応じ、2社は2)のみ対応、1社は2)と3)に対応、残る1社のみ一切の回答がなかったとしています。

もっとも、報道によると回答のなかった1社は、KC'sへの回答は拒否しているものの、すでに顧客に通知し返金に応じるなどの対応を行っていると報じられています。

◆KC'sの「葛の花」返金要請 11社が全面的に対応、1社回答拒否で対応「検討中」
 (通販新聞 平成30年8月23日) 
 http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2018/08/kcs111.html


続きを読む
posted by Fides at 12:32| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする