2018年05月26日

「塚田農場」運営元に景表法措置命令。「地鶏」メニューから一般消費者が受ける印象は?

消費者庁は5月22日、居酒屋チェーン「塚田農場」を運営する(株)エー・ピーカンパニーに対し、同社が提供している鶏料理のメニュー表示について、景品表示法の措置命令を行いました。

「塩つくね」、「月見つくね」「チキン南蛮」「椎茸つくね南蛮」という料理について、あたかも地鶏を使用しているかのように表示をしていましたが、実際はブロイラーを使用していたものであり、優良誤認表示とみなされました。

メニューには、地鶏を使用している料理とブロイラーを使用した料理が混在しており、メニューの全体的な印象から、誤認表示とみなされました。

----------
株式会社エー・ピーカンパニーに対する景品表示法に基づく措置命令について
(平成30年5月22日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180522_0001.pdf
----------

続きを読む
posted by Fides at 07:00| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする