2018年05月18日

消費者庁 健康食品広告ネット監視 29年度第4四半期は54事業者(55商品)の表示に改善要請

平成21年度より継続実施されている、消費者庁による健康食品等の虚偽・誇大表示のインターネット監視。
平成30年1月〜平成30年3月の結果が平成30年4月27日に公表されました。

ネット監視の方法は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認するというもの。
検索キーワードは年間を通じて複数のテーマで検索する運用を行っており、昨年度と同一テーマではあるものの、「インフルエンザ」等の季節性のあるキーワードが盛り込まれています。

今回の監視では54事業者(55商品)の表示について、健康増進法に違反するおそれのある文言等を含む表示があったとして、消費者庁がこれらの事業者に対し、表示の適正化を求めるとともに、ショッピングモール運営事業者へも協力を要請しています。

健康食品ネット監視_件数_30年1-30年3.png
-----
インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(平成30年1月〜平成30年3月)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/pdf/extravagant_advertisement_180427_0001.pdf
-----

続きを読む
posted by Fides at 14:39| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする