2018年05月18日

消費者庁 健康食品広告ネット監視 29年度第4四半期は54事業者(55商品)の表示に改善要請

平成21年度より継続実施されている、消費者庁による健康食品等の虚偽・誇大表示のインターネット監視。
平成30年1月〜平成30年3月の結果が平成30年4月27日に公表されました。

ネット監視の方法は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認するというもの。
検索キーワードは年間を通じて複数のテーマで検索する運用を行っており、昨年度と同一テーマではあるものの、「インフルエンザ」等の季節性のあるキーワードが盛り込まれています。

今回の監視では54事業者(55商品)の表示について、健康増進法に違反するおそれのある文言等を含む表示があったとして、消費者庁がこれらの事業者に対し、表示の適正化を求めるとともに、ショッピングモール運営事業者へも協力を要請しています。

健康食品ネット監視_件数_30年1-30年3.png
-----
インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(平成30年1月〜平成30年3月)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/pdf/extravagant_advertisement_180427_0001.pdf
-----

続きを読む
posted by Fides at 14:39| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

平成29年度、特保・機能性表示食品買上調査 2製品が含有量不足。消費者庁の見解は?

平成29年度の特定保健用食品(トクホ)の関与成分と機能性表示食品の機能性関与成分に関する買上調査の結果を、消費者庁が公表しました。(※)
100品目(57社)を調べ、関与成分等が申請等資料の記載どおり適切に含有されていなかったのは2品目(2社)でした。
内訳は、トクホでは40品目(31社)のうちDHA・EPA含有飲料1製品、機能性表示食品では60品目(32社)のうち、生鮮食品又は単一の農林水産物のみが原材料である加工食品1品目となっています。

調査結果を確認します。

(※)
---------------
平成29年度特定保健用食品買上調査の調査結果について
(消費者庁 平成30年4月9日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/about_foods_with_function_claims/pdf/about_foods_with_function_claims_180409_0001.pdf
---------------

【調査結果】
調査方法:

市場に流通している特定保健用食品40品目及び機能性表示食品60品目を調査対象として買い上げ、許可等申請又は届出の際に提出された資料に記載された分析方法にのっとって分析試験を実施。

調査対象集計結果:
100品目(57社)
内訳
特定保健用食品 40品目(31社)
機能性表示食品 60品目(32社)

関与成分量調査結果:
2品目(2社)について、関与成分等が申請等資料の記載どおり適切に含有されていなかった。
《製品》
特定保健用食品:『イマーク』(関与成分:EPA DHA 申請者:日本水産株式会社)
機能性表示食品:生鮮食品又は単一の農林水産物のみが原材料である加工食品

イマークは既に製造・販売を終了、5月中をめどに失効手続を行う予定。
機能性表示食品については、表示値を下回る可能性がある旨の表示がされており、事業者名・商品名は非公表。

【消費者庁のトクホ取り消し判断】
岡村消費者庁長官は5月9日の記者会見において、以下のように述べています。
http://www.caa.go.jp/notice/statement/okamura/180509c/
消費者庁としては、社内で分析方法が変更されていたにもかかわらず、変更の手続を怠り、長年にわたり消費者庁が許可していない方法で品質管理を行っていたことは、非常に遺憾であると認識しており、当該申請者に対して厳重注意を行ったところでございます。


2016年9月の日本サプリメントの事案ではトクホの許可取り消しとなりましたが、本事案では「厳重注意」にとどまり、取り消し処分とはなっていません。

続きを読む
posted by Fides at 14:28| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

良品計画に景表法措置命令。リスクを最小限にする不当表示発生後の対応とは(後編)

前回の記事でお伝えした(株)良品計画のソファカバーに関する景品表示法違反(優良誤認) の措置命令について、今回は、不当表示の発生と発見後の対応を、課徴金や消費者対応の観点からさらに掘り下げて解説します。

一元管理がなされなかった表示媒体ごとの情報
違反に該当する表示媒体について、店頭ポップが159品目中153品と多数を占めつつも、商品タグが6品、カタログが2品と商品によってまちまちであり、情報の一元管理がなされていなかったことがわかります。
良品計画_表示媒体.png
「綿ポリエステル変り織ソファ用カバー」表記誤りのお詫びとお知らせ
((株)良品計画HP 2018年1月9日)
https://ryohin-keikaku.jp/news/2018_0109.html

続きを読む
posted by Fides at 17:13| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする