2018年03月04日

拡大するリユース品のCtoC取引。フリマアプリの利用意向8割超(経済産業省調査)

総務省の家計消費状況調査によると、ネットショッピングの利用世帯の割合は右肩上がりで、2017年12月には38.2%に達し、もうすぐ4割に達する勢いです。

ネットで物を買うのが当たり前になる中、個人がネットでモノを売る行為もポピュラーになってきつつあります。
ネットオークションに加えてフリマアプリの登場で、リユース品のCtoC取引が急拡大しています。

経済産業省の調査では、2016年のネットオークションのCtoCの推定市場規模は3,458億円、フリマアプリの推定市場規模は3,052億円で、合わせて6,500億円規模となっています。

とはいえ、リユース品の販売、購入の経験率(チャネルを問わず過去1年間)はまだまだ低い状況です。商品ジャンル別で最も高い経験率は、販売経験が「ファッションレディース」の 9.0%、購入経験が「書籍、映像・音楽ソフト、ホビー」の 12.3%です。「特に無い」が販売、購入経験それぞれ 79.3%、69.5%となっており、逆算すると、販売、購入の経験率はそれぞれ 20.7%、30.5%に留まります。
経産省_リユース販売購入経験2017(BtoC).png

しかし、販売、購入意向になるとそれぞれ72.0%、58.4%と大きく上昇しています。
商品ジャンル別の販売、購入意向は値の大きい順に、「書籍、映像・音楽ソフト、ホビー」(販売52.8%、購入45.9%)、「ファッションレディース」(販売45.7%、購入29.5%)、「インテリア(小物・雑貨・その他)」(販売31.4%、購入23.8%)となっています。
経産省_リユース販売購入意向2017.png
続きを読む
posted by Fides at 13:24| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする