2017年12月21日

SAKLIKIT、スマホサイトのレギンスのダイエット効果に対し景表法措置命令

12月14日、消費者庁は大阪市の化粧品、健康食品、下着等の販売業者(株)SAKLIKIT(サクライキ)に対し、「CC+ DOWN LEGGINGS(シーシープラス ダウンレギンス)」と称する下着に関する表示について、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。
優良誤認は不実証広告規制(※)を用いた処分となっています。

消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所)の調査による事案です。
----------
株式会社SAKLIKITに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成29年12月14日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171214_0001.pdf
---------
(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

続きを読む
posted by Fides at 19:56| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は29,305円(総務省家計調査 2017年10月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2017年(平成29年)10月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2017年10月のネットショッピングの支出額は、1月以降10カ月連続で前年同月を上回りました。
全ての品目で支出額が前年同月を上回っています。
ネットショッピング利用世帯の支出額についても、前年同月比プラスに転じました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

●支出額・利用世帯の割合
・一世帯当たりのネットショッピングの平均支出額は10,360円。前年同月の8,061円から2,299円増加、28.5%の増加となった。

・ネットショッピングを利用している世帯における、1世帯当たりのネットショッピングの平均支出額は29,305円。前年同月の28,943円から362円増加、1.3%の増加となった。

・ネットショッピングの利用世帯の割合は、35.4%となっている。前年同月の27.9%から7.5ポイント上昇した。
支出額・割合(h29.10).png
(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。


続きを読む
posted by Fides at 07:00| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

Googleのページ評価大幅改善と健康食品のネット広告のこれから

かねてよりアフィリエイトサイトの不適切な表示について問題視されてきましたが、健康食品のアフィリエイトサイトや「まとめサイト」等の記事体広告などを利用したネット上の集客手法に、大きな変革が訪れようとしています。

農林水産省が2017年12月6日、「ビワの種子の粉末は食べないように」という注意喚起を行っています。本年度、ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質が高い濃度で検出され、製品が複数回収されています。
-----------------------
◆ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう
(農林水産省 平成29年12月8日)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/loquat_kernels.html
------------------------

しかし、例によってネット上では、未だレシピサイトや個人ブログに「ビワの種の杏仁豆腐」のレシピが紹介されていたり、まとめサイトではビワの種の「抗がん作用」をうたうもの、ビワの種の粉末のサプリを販売している通販サイト等が数多く見られる状況が続いています。

先日の記事で、厚生労働省の「食品衛生法改正に向けた懇談会」の取りまとめについて取り上げましたが、インターネット等に氾濫する不適切な情報について監視を行うことを求める提言も、無理からぬことだと思います。

そんな中、Googleでは先週、日本語検索におけるページの評価方法のアップデートを公表しました!
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなっています。

続きを読む
posted by Fides at 09:26| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする